2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マニアックな人たち

今日、あるサッカー関係の企画の打ち合わせがありライターの人に会いました(ぼくはサッカー関係の仕事をしてるわけではないです)。

集まりの性質自体サッカーのマニアックなものでしたので、初対面でしたがそんな話で盛り上がりました。
それもJFL以下のネタばかりで、ネタの応酬といった感じで、現場にいる人だけあって引き出しが豊富です。
ぼくも負けでした(って何が?)

ここに書けることと書けないことがありますが(笑)、例えば・・




ジェフオヤジは、
ジェフ千葉アマチュア戦も見に来ている

(ジェフカラーにすると見えにくくなるので青にしました)

(注)ジェフオヤジとは・・ジェフカラーの軽自動車でいろんな会場に現れる便利屋さん。途中から代表カラーに変わったが、最近では車がなくなったのかチャリで走っているのを見かける。・・・ってみなさん知ってますよね?


・なぜか鳥取サポは太ってるやつらばかり




など。


これらは、まあ雑談でして今日の集まりで出た企画から結構大きな
話になる可能性が出てきました。
書ける状況になったら書こうと思います。

よっしゃ~!!

前節大分にいい形で勝利した我が横浜マリノスですが、
本日首位鹿島戦が行われました。
しかしこういう重要な試合なのに平日開催かよー。

松田を出場停止で欠きますが、代わりに河合が入り問題なし。

仕事のためテレビも見れなかったのですが、携帯で随時経過を
チェック。
あらぁ、先制されてしまったかあ・・
岩政ということはセットプレーかなあ。
お!!大島が決めた! 再開後も好調を持続してるようだ。
ううむ。内容がわからんためイライラするばかりだ。

他会場の経過は、と・・
なに?ヴェルディやる気あるのか?ダメだよ浦和に得失点差を
つけさせちゃあ。

後半、同点の展開が続いている。まあ引き分けでもいいか・・
と思ってたら!
中沢決めたぁぁ!!

そのまま終了。鹿島に今期2敗目をつけた。
これで勝ち点22で鹿島に10点差。それに再開後連勝という
のがいい。
中断前は失点も多く、流れが悪かった。
この流れで行きたい。

帰ってきてテレビで見たら、大島・中沢のゴールはどっちも
フリーでしたね。

あとは久保が調子を戻してくれればです。

とにかくよかったー。

J1再開

長かったインターバルが明け、J1は明日から
再開しますね。

わがマリノスはアウェイの大分なので、ぼくは自重します。
報道によると4バックだそうで、どうなることやら。
現在は首位鹿島に勝ち点13差の9位。そろそろエンジンを
かけていかねばなりません。
中沢以外は十分コンディションを整える時間があったはず。

幸先のいい試合を期待します。

それと興味のあるのは、W杯予選・コンフェデと代表の活躍後
のJ1の観客数です。
特にG大阪-東京V。代表人気がうまくJにも波及してくれると
いいなあ。

明日は都合によりどの試合にもいけません。残念・・

Jを目指すJFLチーム

ちょっと間が開いてしまいました。

Jを目指す動きが各地で活発になってます。
今回はもっともJに近いチームの動きを。

愛媛FCがJ2への仮申請を行いました。
昨年に続いてのことですが、県と松山市から出資を
受けたことが大きいと思います。
あとは、成績が伴うことが重要になってきますね。
ソース


同じくJFLの栃木SCもJを目指そうと検討はしてきた
ようですが、ここにきてクラブから支援があったときのことを
前提に栃木県知事が支援の表明をしたことで俄然現実味を帯びて
きました。
支援の具体的内容はわかりませんが、スタジアムの整備と
いうことになるのでしょうか。
ソース


ただ、栃木県にはスポーツ団体としても瀕死のアイスホッケーチーム」
「日光アイスバックス」があります。
また県内には足利銀行という不良債権をかかえており、県が
1サッカークラブである栃木SCを、どのような形にしろ支援する
ことが県民の理解を得られるかどうか。
ちなみに、アイスバックスと栃木SCを同一クラブにすることは
現状では、いろいろな経緯からいって無理だそうです。

栃木SCは、大方の予想を超え現在JFL首位です。
J昇格の動きがどのように展開するか不透明な部分がまだ
多いですが、選手・サポのモチベーションは高まるでしょう。

全国にこういう動きが広まっています。
夢があっていいですよね。

その他の地区については、また調べたいと思います。


コンフェデサマリー

今日は眠いという人が多かったようですね(笑)

少しだけ見て、ダメそうだったら寝ようって
考えてたのに、いきなり
こんなプレーを見せられて寝るに
寝れなくなってしまったという人も。
このダイレクトプレー。これが見たかった。

そんなことよりも驚いたこと。

午前3:30で

視聴率11.9%!

怖いですよ、ここまで来ると。

あとは、なんか知らんが
メキシコ、選手がドーピング

で失格。日本が決勝トーナメントへ

というまことしやかなデマ。
しばらく信じてしまったよ。

それにしてもスタジアムは、判官びいきというか日本への応援が
途中から大半になってきましたね。
ブラジルサポも結構寛容だったみたいです。
まあこれもコンフェデという「お祭り」だったから?
ジーコ監督だから?
ブラジルが負けるわけないと思ってたから?



さて、冷静に考えると・・・
初戦のメキシコ戦からよく修正できた。
中盤もさることながら柳沢が、トップでよく動いていた
ことは忘れてはならないだろう。
日記がアップされてるが、冷静な見方を
しているな。

ジーコは師匠を重用してきたが、ここを変えれたのは大きい。

また現時点で福西は絶対外せない存在になってきた。
俊輔もいい時は、すばらしくいいんですよね。
もう出ないで、なんて書いてごめんなさい

課題は、早いボール回しをされるとやはりDFは振り回されてしまう。
取りに行く/行かないタイミングをもっともっと練習したい。
あとは、まだ不用意に中盤でカットされて大ピンチになることが
ある。ある程度は仕方ないが、やはり凡ミスは減らしたい。

それにしても、サポたちも課題を認識しながら喜ぶべきとこは
喜んでる人が多いみたいで実にいい感じです。

でも今はまだ1年前
今がピークではいけないですよね。

さて、ぼく自身も代表モードから一旦もとにもどることに
します。

コンフェデ:ブラジル戦(TV)

攻める気持ちがあるとできるんだなぁ。
もちろんブラジルのコンディションやらといった
ことを差し引いてもだ。

惜しむらくは、柳沢がもっとポストでキープできれば
もっとチャンスができたか。
選手交代に関しては、この大会は監督はいい交代策を
した。
まあ、これ以上望むのは厳しいだろう。

でもなんとなく方向性はできたのではなかろうか。

この大会の当初の目的どおりいい点、悪い点が
明確化された。

東アジア選手権では、サブ組を起用して底上げすることを
してほしいと思う。

でももうなると、返す返すもメキシコ戦が惜しいなあ。

以上試合終了直後の感想でした。

ワールドユース:モロッコ戦(TV)

こういう流れでは仕方なかったかもしれない。
仕方ないとは、DFの不用意さ、そして日本に有利にジャッジして
くれていた審判を活かせなかったこと。
平山もほとんど効いていなかった。

あの時間帯は安全第一で行くべきだった。
監督も指示していただろうが、あの歓声では聞こえなかったか。

モロッコは早かった。それに合わせてしまったところもあった
ような気もする。

結果論と言えばそれまでだが。

あと1試合したかった。

以上試合直後の感想でした。

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。