2017-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フットサル:すかいらーくグループカップ

今日は女子フットサルに行ってきました。
会場は代々木第一体育館。女性タレントチームの大会です。
引くなら引いてください

フジテレビのお台場冒険王という夏休みイベントのサテライトイベントとして
行われました。
参加チームは10チーム。3グループに分かれてリーグ戦を行った後に、
決勝トーナメントという仕組みです。

参加チームは以下の通りです。
■グループA
・ガッタスブリリンチャスHP:ハロープロジェクトのチーム。優勝候補筆頭。監督は北沢豪氏。
・ザナドゥーラブズNHC:ホリプロのチーム。GKに大林素子氏が入っています。
・YJシューターズ:ヤングジャンプのモデルさんたちのチーム。監督は高橋陽一氏。
・ミスマガジン:講談社ミスマガジンのチーム。監督は福永泰氏。

■グループB
・カレッツァ:サンズ(イエローキャブから分裂)のチーム。ガッタスとともに優勝候補。コーチにサル日本代表小暮氏!(明日からスペイン行きなのに)
・CHOOP:プロシードというところのチーム。監督は袴田吉彦氏。野郎どもに大人気です。
・よしもとマラティニーコ:吉本興業のチーム。監督はDonDokoDon平畠氏。

■グループC
・チームdream:dreamを中心としたエイベックスのチーム。
・ファンタジスタ:プロフェッショナルマネージメントのチーム。監督はなんとマリーニョ氏
・REALLY?madrid:フジテレビアナウンサーのチーム

まあ女性タレントの大会だし、ゆるいお遊びの大会なのかと思っていたら
これが全然違います。
あとで知ったことですが、各チームともスポーツ経験のあるタレントを起用し相当強化しているようです。
いわゆる「芸能人運動会」的なノリは皆無といっていいでしょう。
まあ、dreamとか森三中なんかのいる吉本とかのレベルはアレでしたが(笑)

会場はやはりガッタスサポが大半でした。ダンマクもたくさん出ていました。アイドルのコンサートというよりサッカーのノリでした。途中から太鼓も
登場しましたし。
「焼肉」というゲートフラッグを掲げている人もいましたが、これは藤本美貴選手の実家が焼肉屋なことを表していると思われます。
余談ですが、
藤本選手はロナウドのビデオを見て

イメトレをしてるそうです。

「途中サボってるとこは似てる(笑)」と言ってますので、よく見ていますね

あと人数は少ないのですが、ファンタジスタサポはまとまってよく声がでていました。自分たちでレプリカを作ってきたらしい。

まあいずれにしろキモいことにはかわりないのですが(笑)


チームの力的には、ガッタス・カレッツァ・CHOOP・ファンタジスタが
抜けている感じでした。
個人もそうですが、組織としてもよくまとまっています。
ホリプロのGKは大林素子選手ですが、ガッタスの吉澤ひとみ選手はその足元を抜くゴールを決めるなど格の違いを見せ付けていました。

フジテレビ・青島アナのおもしろ実況が流れる中、
カレッツァは順当に勝ち抜いていきますが、ガッタスは苦戦しました。
特に準決勝のCHOOP戦はPK戦に持ち込まれあわや、というところまで
追い込まれました。
ここでGK紺野あさみ選手の活躍とCHOOP選手も緊張したのか、PKが全く決まらずガッタスが勝ち抜けました。

当初の予想通りの決勝戦で、会場は最高潮に盛り上がります。

ここまで両チームの対戦は1勝1敗3分けで全くの五分。
決勝は、カレッツアのペースで進みますがGK紺野の攻守などで何とか
前半を0-0で切り抜けます。
後半がはじまって、ガッタスがゴール裏でボールを細かくつなげるチャンスが
訪れフリーになった吉澤が豪快にミドルを叩き込みました。
これはマジすごかった。

このまま1点を守りきったガッタスブリリンチャスHPが優勝しました。

結果だけ見ると、人気チームが優勝ということで予定通りということかも
しれません。
でも、試合を実際見れば他チームが空気読んでわざと負けたりしてないことは
明白です。
PKで負けたCHOOPにしても、バーに当たるなど不運だっただけでしょう。
とてもがっかりしていた様子が印象的でした。
他のチームもブログなど見ると、普段からよく練習しているようです。

確かにガッタス以外はマイナーなタレントたちかもしれません。
でも、ここで目立てばサッカー関係の仕事が来る可能性もあります。
そういった計算をしている選手もいるかもしれません。
でもそれもいいでしょう。
サッカー関係の番組などでも、適当なアシスタントとかよりプレーが分かってる人の方がコメントも気が利いたことを言うでしょうしね。

いずれにしろガチでやっていることには変わりないのですから。

しかし、女性タレントにこういうマーケットを作ったということは別な驚き
ではあります。

JFAとしても女子への普及のため、積極的に協力してますよね。
この大会も後援してました。

いや、それにしてもヲタでないぼくでも(ホントか?)十分楽しめました。

女性タレントのサル流行、あなどれないかもしれませんよ。

footsul.jpg

閉会式で、優勝のガッタスにスポンサーのすかいらーくからお食事券が
プレゼントされました。
吉澤キャプテンのコメント「応援ありがとうございました。そしてすかいらーくでおいしいご飯をいっぱい食べたいと思います!」という大人なコメントが
芸能界渡ってるなあという感じがしました(笑)


しかしこんな面白いコンテンツをCSに眠らせておく手はない。
ゴールデンタイムは無理でも、地上波で放送しても十分行けると思うんですが。
スポンサーサイト

コメント

骨折までしている人がいたらしいですよ。
女性アイドルなのに。
だがそれがすばらしい。

青島アナはフジテレビアナウンサーチームの紹介のときに「諸事情によりメンバーが少なくなっております」といって会場を笑わせていました。

ブログをお読みした限りではやはり芸能人のイベントだけあって、エンターテイメント性は素晴らしいものがあったようですね。でも、やはりエンターテイメント性は『本気度』があってこそ輝くものなので、それだけアイドルたちのプレーも一生懸命さ(その場だけの一生懸命ではなく、練習の積み重ねや勝つための戦術など監督、コーチ、選手が一体となるもの)が伝わるイベントだったのでしょう。Jリーグなどのプロスポーツなどもエンターテイメント性という点において見習うべき点もあるのかもしれませんね。青島アナの実況聞きたかったですわ(笑)

(昨日からブログ書き直しました)
そうなんです。大林さんいました。
ああいう人って、スポーツやるとなると
もう本気ですからね(笑)

それとカメラは禁止でした(あれ?なぜ写真が載ってる?)
確かにヲタ主体ですが、プレーだけ見ても十分に耐えられますよ。
もちろん女子都大会で上位とかいうわけではないですが、「本気度」が伝わるのはどんなレベルでも面白いものです。

ホリプロのフットサルチームだったと思いますが、アイドルに混じってあの大林素子も参加しているようです(爆)。アイドルのイベントとはいえ一度試合を観に行って見たいとは思うのですが、フットサル観戦目的の方よりも圧倒的にカメラ小僧が多そうなので躊躇してしまいます(苦笑)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/71-d8af15a6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。