2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島県

福島県のサッカーと聞いて、何か印象を持つ人は
ほとんどいないと思います。
ぼくは福島県出身なのですが、今サッカーで福島関係で
全国的に有名になこととといえば、
・Jビレッジ
・マリーゼ(Lリーグ)
・茂木弘人(聖光学院→広島)
・萬代宏樹(福島東→仙台)
ぐらいでしょうか。
Jビレッジも東京電力の原発があるので、そのガス抜きの意味
で造られた施設と言っても過言ではありません。
電気なのにガス抜きって(^^;

なんせJFL・福島FCをつぶしたぐらいサッカーに
対して冷めた県です。
各地でサッカーが徐々に盛んになって行く中、トップレベル
つまりJFLまたはJリーグというのは現実味のない話で
した。

ところが、福島県協会会長が「サッカー王国チャレンジ」宣言
なるものを出してきました。
JFAと共同でサッカーエリートをJビレッジで育てる
構想があるのはご存知かと思います。
そのエリートの卵が通う県立富岡高校をトップレベルにすること
と2020年までにJチームを作るという目標とのこと。
加えて2万人規模のスタジアムも作ると言っています。

今までの経緯を知る者としては、福島FCに
冷淡だったくせに何をいまさら、という感はあります。

それでも、こういう動きが出ないよりはいい。
東北では宮城、山形に先を越され岩手にも後塵を拝しつつあり
ますが、負けずに行ってほしい。

当然懸念はたくさんあります。
福島県は広く、海のほう(浜通り)・真ん中(中通り)・山のほう
(会津)と大きく分けて3地区あり、それぞれ独自の文化圏に
あったりします。
県全体で、というのはなかなか難しい。

それに非常に小さいながら、福島県にもJを目指そうという動きを
している団体はあります。
福島夢集団ユンカースというNPOです。

また県内最強の東北リーグ1部所属・FCプリメーロの扱いは?
それに協会が主導になって、こういう動きをしてゴタゴタに
なっている例が現在富山県で起こっています。

JFLのアローズ北陸、YKKAPの2チームがありますが
富山アトラスFCという新たにJを目指すチームが設立され
ました。このチーム設立にあたり富山県協会は「聞いていない」
と不快感を隠していません。

富山の人は、市場規模からいってアローズとYKKが合併して
Jを目指すのがいいという考えの人もいるようです。
ですが、肝心のアローズ北陸(北陸電力)もYKKもJを目指す
とは明確に言わない(言えない)ようです。

福島県もこういう変な状況にならないよう気をつけてほしい
ものです。くれぐれも他のチームをつぶすようなことなく。

ちなみに大分県も「上主導」でしたが、紆余曲折ありつつも
成功した例ですよね
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/41-03f07d2b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。