2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世間の論評

そりゃ、誰もあんな試合を2試合見せられたら納得いかないでしょう。
批判もしたくなります。
冷めた目も多いようです。
ぼくも少しそういうところがあるのも正直なところです。


でも今はそういう時なんでしょうか?
1997年のホームUAE戦の後を思い出してください。
自力勝ち抜けがなくなったあの時を。
あの試合後の国立周辺の絶望的な雰囲気を。
それでも、次週のアウェイ韓国戦をあきらめました?
ソウル行きを決めていた人は、キャンセルしました?

というわけで
バーレーンに行ってきます!

やはり97年を体感した人間は代表を見届ける義務があると、勝手に
思っておりまして・・(^^ そうは言いながら、しびれるような雰囲気と緊張感を味わえる幸せも
感じたいと思っていたりします。
これが、W杯は本大会より予選といわれるゆえんなのかなー
スポンサーサイト

コメント

お!いがらしさん。
現地で会いましょう!

あっ、
おれも行きます。1泊4日。

JOGADA DE CRAQUEさん
コメントありがとうございます。

詳しい解説もありがとうございます。
いやあ、思い出しますよねえ。

そうそう、1次予選もなんか横パスを
簡単にとられたり内容は悪かったです。
日本ラウンドでは、勝ってもブーイングが出てました。

でも世論が余裕と思ってると苦労して、
悲観になると逆にOKだったりする
気がします。

97年は・・・

何度も天国と地獄を味わいましたね。
第1戦のウズベキスタン戦の大勝・・・しかし3失点もしたのが嫌な予感の序曲でもありました。
第2戦のUAE戦はAWAYなので守りに徹した・・・嵐の前の静けさを感じました。
第3戦の韓国戦・・・山口の歓喜のループシュートから一転まさかの逆転負け・・・HOMEの試合で押せ押せムードだったのにも関わらず、守りに入るタイミングなどもあり、まさかの逆転負け・・・
第4戦のカザフスタン戦・・・格下の相手にまさかの土壇場でのドロー・・・そして加茂監督更迭
第5戦のウズベキスタン戦・・・1戦目で大勝にも関わらずドローがやっと
第6戦のUAE戦・・・呂比須の芸術的ゴール・・・にも関わらずリードを守りきれない、追加点が奪えない・・・自力2位消滅
第7戦の韓国戦・・・韓国は1位確定で余裕のHOMEゲーム・・・自力2位消滅のせいだろうか、やっと開き直った感があった。
第8戦のカザフスタン戦・・・前試合の勝ちから一気に勢いつき
そして、ジョホールバルの歓喜
日本代表の歴史って、常に1つの大会の中で天国と地獄を両方味わってきたともいえますね・・・ドーハの時もそうでした。
逆にいえばぶっちぎりで決めたことはほとんどないとも言えますが(苦笑)
僕も6月3日と6月8日は仕事を早く切り上げて応援します。

でも97年の時も1次予選の時からしっくりこない感はあったのでなんか似た雰囲気は感じるのですよ。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/27-5a2cfb6f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

HIDE

ヒデを使う使わないだとか、どこのポジションで使うとか・・・そんな批評も聞き飽きた今日この頃です。昨日ブログを書きかけでやめてしまったのですが、ヒデはFWで使うのがいいんじゃない?と書こうとしておりました。理由は簡単・・・コンディションが悪くキックが下手なFW使

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。