2017-05

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ACL:東京V-蔚山現代【国立】

今日から、2006年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の予選リーグが始まりました。

ぼくは、国立のグループF・東京V-蔚山現代(韓国)を見に行きました。
東京VはJ2ですが、去年の天皇杯優勝チームということでの今大会出場と
なります。
優勝すればアジア代表として、年末のトヨタカップに出場できる路線ができたこともあってさぞやモチベーションも・・とはいえ東京VにとってはそれよりJ1復帰の方が優先順位が高いはず。
そんなチームがどんな試合をするか、また強豪の蔚山現代が今年はどんなチームに仕上げてきているかも興味の対象でした。

ぼくは仕事の都合で前半20分ぐらいに、国立に入りました。
当日券2000円。ううむ・・

土曜日のJ2開幕戦と同様国立のホーム側ゴール裏は工事中のため、東京Vはアウェー側となっています。
平日夜、しかも世間的には注目度のほとんどない試合でどれだけ観客がいるかと思っていたら・・まあこんなものでしょうか。
公式発表は4436人でした。

acl2



東京Vは声を出して応援するサポが400人ほどいたでしょうか。
とても熱心に応援しています。
一方、蔚山現代もきっと在日の人たちでしょうか100人ほど(に見えた)が
応援していました。
「大阪魂」という弾幕がありました。

一方東京V側にはこんな弾幕が!

acl1



わかります?「ヴェルディのためなら死ねる」と書いてありますw

さて試合ですが、両者ともなかなか攻め手がない感じです。
力関係から言えばむしろ東京Vか健闘といえるのでしょうか。
しかもリーグ戦とはメンバーを落としてきています。
一方、蔚山現代は韓国代表イ・チョンスをはじめ格上なのですが・・

前半は0-0で終了しました。

スタンドを見ると、日本人で東京Vサポ以外は普通のサッカー好きっぽい感じの人と思われますが、ニュートラルな立場ながら東京Vを応援している感じです。
やはり韓国には、というより外国チームには負けたくないということなのでしょうか。


後半に入ると、徐々に蔚山が地力を発揮してきます。
56分のDFのミスからゴールを奪うとそのままゴール。また70分にもカウンターから追加点を上げました。
東京VはMF広山などがチャンスを作りかけるものの、決定力、というよりシュートまでなかなかもっていけない。サイドからも中央からも最終ラインを破れません。
結局2-0で終了。

ホームでの2点差負けは致命的でしょう。

まあもとより、東京Vにとってここを勝つことはそれほどの目標でないのでいいのかも。

サポも敗れたものの、暖かい拍手を送っていました。
あ、一箇所でサポ同士が少しばかりもめてましたけどね。

スタジアム内でACLグッズとか売ってないかと思って聞いてみたらないそうです。
ザンネン。

帰りに千駄ヶ谷駅構内の「あじさい」で天ぷらそばを食べて帰りました。

acl3


なんだ。ガンバも負けたのか!




・2006年 観戦7試合目
・観戦満足度 ★★ ☞東京Vにもう少し見せ場を作って欲しかった
 (満点は5)
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/151-8e20d983
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。