2017-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

J1:横浜-京都【日産】

今日は、J1第1節・日産スタジアムに横浜-京都を見に行きました。

マリノスとしては、ここは確実に勝利してスタートダッシュにしていきたいところです。

ぼくは試合開始直前に到着しました。
なぜか藤波辰爾が試合前に出てきました。

それにしても開幕戦にしては、客の入りがよくないなあ。
相手が京都ということを差し引いても、空席が目立っていました。
アウェイ側の2階は開けていなかったですもの。

日産050305


さて、試合ですがマリノスは右サイドに田中隼ではなく大分から復帰した吉田孝行が入りました。

マリノスが終始ペースを握って試合を進めていきます。
試合開始直後にマグロンがゴール前混戦から、あっさり決め先制しました。
京都もマリノスの守りの甘さをついて時々ゴール前まで行くものの、GK榎本達がセーブします。

30分過ぎに、左からのクロスを京都GK西村がファンブル。それを久保が頭であわせ2点目。
その数分後の久保の2点目は彼らしく良かったですね。
マルケスからの左クロスにDFに競られながらヘッドで決めました。

前半は3-0で終了。
3バックの中央には、今日は栗原が入っています。キャンプでもよかったそうですので、定着してほしいものです。ユース出身ですしうまく育って欲しい。

後半になってもマリノスがボールを支配しますが、うーん。
なんと言うのでしょうか。

慎重すぎる感じがします。勝負していかないんですよね。

だから決定的場面でスタジアムが沸くということがほとんどなかったです。
そんな中、後半35分ぐらいに新加入のマルケスが抜け出しゴールしました。

こうなったら勝負は決まったので、無失点で、と思ったらパウリーニョにミドルシュートを決められてしまった。

試合はこのまま4-1で終了。
開幕戦で勝ち点3を獲得しました。

しかしどうも消化不良。理由は前に書いたように攻めにファンタジーが感じられないことです。
そんな中、収穫は途中交代で入った田中隼がいい動きをしていたことです。
吉田が加入したことで危機感が出たのでしょう。

今日のMVPは久保で、OBの鈴木正治がインタビューしていましたが
相変わらずぶっきらぼうな受け答えでサポーターの失笑を買っていました。
でもこれはこれでイイ
ただ鈴木正治氏はもっとインタビューの仕方をうまくなって欲しいです。

帰りに日産スタジアムからは夕焼けとともに、富士山がきれいに見えました。
富士山





・2006年 観戦6試合目
・観戦満足度 ★★★ ☞勝ったけど消化不良だったから
 (満点は5)
スポンサーサイト

テーマ:横浜Fマリノス - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/149-894391de
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。