2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナビスコカップ決勝:千葉-G大阪(国立)

今日は、国立競技場へナビスコカップ決勝・千葉-G大阪に行ってきました。

決して人気チームとは言えない2チームの対戦ということで、チケットの売れ行きがどうかという懸念もありましたがどうなりますか。
SS席は売り切れにはなっていました。当日券は3000枚ほど売り出されるようです。
ぼくは、自由席を購入していました。1500円は安いといって良いですよね。


試合開始は13:00でしたが、ぼくは1時間位前にJR千駄ヶ谷駅に着きました。チケット売り上げの心配はなかったようです。駅前は代表戦並の混雑でした。
千駄ヶ谷門から入場し、決勝でいつももらえるナビスコ製のお菓子をもらって国立に入りました。

千葉がホーム側、G大阪がアウェイ側となっているようです。
ぼくはどっちかというと千葉を応援したい感があったので、ホーム側ゴール裏に向かいました。上のほうで見ようかなと思って入ってみるととてもそんなことは無理でした。

*千葉ゴール裏はこんな感じ
ナビスコ決勝1


ところで、千葉ゴール裏に「愛犬家」とうゲートフラッグを持ってる人がいて
ちょっと良かったです。


仕方ないのでバックスタンドに行きました。
そこもなかなか席がなかったのですが、友人がいたのでその隣に座らせてもらいました。
それにしても11月だというのに暑い。半そででいいぐらいの気候です。
選手たちも厳しいと思われました。

しかしよく入りました。ゴール裏、バックスタンドともほぼぎっしりです。
通路にまで人が座っているような状況でしたよ。
(公式発表は45039人でした)
メインは売り切れているはずなのに入りが悪いのが変ではありますが。
いつも観客動員に苦しむ千葉も今日はさすがに気合が違います。
選手入場時の、ゴール裏は写真の通りです。ちょっとトリハダ物でした。

ナビスコ決勝2


対してG大阪も負けていません。大阪からのツアーはすぐ満員になったそうですよね。

ナビスコ決勝3


さて、試合は攻撃的な両チームだけに得点の取り合いになることが予想されましたが、守りあいという感じで両チームなかなか決定的なチャンスは生まれませんでした。
後半終了間際に、千葉FW巻が決めたと思ったのですがファールということで
ノーゴールだったのが唯一得点っぽかったところですね。
G大阪は、重傷といわれていた宮本まで投入しました。

それにしても試合中、足をつる選手続出で、相当体力も消耗したのでしょう。
結局、延長でも得点は生まれずPKとなりました。
G大阪は1人目のヤットくんが止められ、全員が決めた千葉が優勝となりました。

喜びを爆発させる千葉ゴール裏。「この日を待っていた」というダンマクも
掲げられていました。

表彰式の時は準優勝のG大阪が表彰されているときには、千葉側からガンバコールが起こっていました。

さて、オシム監督の胴上げが計画されていましたがオシムはそれを頑なに拒んでいました。空気を読んで欲しかったです。
ですがオシムのインタビューで「サポーターもこれで少しはゆっくりとした
人生を過ごせるでしょう」というコメントが気が利いていると感じましたよ。

さて、G大阪はリーグ戦に切り替えなければなりません。
最近不調とはいえまだ首位なわけですし、得点から見放されている大黒をはじめ奮起が必要でしょう。

両チーム得点のなかったのは残念でしたが、結果を出した千葉にはおめでとうといいたいです。
帰りの千駄ヶ谷駅改札には、「おめでとう」という横断幕が掲げられていました。


スポンサーサイト

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://saruyama.blog9.fc2.com/tb.php/108-60d369bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。