2005-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第16回高円宮杯・全日本ユース

今日から、高円宮杯全日本ユースが始まりました。

この大会は予選とも言うべき、各地区のプリンスリーグを勝ち抜いた
チームとインターハイ、クラブユース選手権の優勝チームなどこの
高校生世代のトップが集う大会です。

冬の高校選手権より、この大会が本当の意味での全国一を争う大会
です(のはずです)。

大会は16チームが6ブロックに分かれて予選リーグを戦い、各上位2チーム
が決勝トーナメントに進みます。

今日は、予選リーグ1日目です。
ぼくは近所ということもあり、東京・夢の島競技場へ行ってきました。
グループDの福岡U-18-青森山田高校と名古屋ユース-浦和東高校が
行われます。
夢の島


第1試合は福岡U-18-青森山田高校。

青森山田はインターハイ優勝高校です。
全日本ユース1

↑青森山田のバス

ぼくが会場に到着したのは試合開始直後でした。どうもぼくが会場に入る前
に福岡に得点が入ったようです。

客は、両チームの父兄と思われる人たちや、サッカーヲタっぽい人など
おなじみの光景です。もちろん少数ですがギャルサポも。

前半は、福岡の方が展開力がありチャンスを多く作っているようです。
それでも28分に青森山田はU-18代表松本の展開からFW伊東が決めて
同点としました。

前半は1-1で終了。

後半になると、一転して青森山田が攻勢にでます。
7分、中央の浮き球の反応し抜け出したMF小沢が冷静にDF、GKを
かわしゴール。2-1と逆転しました。
さらに15分、左サイドへの深いパスからシュート。GKが一度パンチング
するもののこぼれ球をFW伊東が決めて青森山田が3-1としました。

その後、福岡も散発的にチャンスを作るものの決定的シーンにはなりません。
そんな中34分、福岡がスローインからFW安田が粘りセンタリング、MF
後藤が決め3-2と追いすがります。

ですが、福岡の攻撃もここまでで試合は3-2で青森山田の勝ちとなりました。

結果的に、青森山田が底力を見せた形となりましたが前評判よりはそれほど
ではなかったように思います。
まあまだ初戦ということもあったのでしょうか。


第2試合は、名古屋ユース-浦和東高校です。
この試合は、名古屋サポがやたら入場してきました。
太鼓あり、各選手個人のダンマクあり(19枚も!
でトップチームに近い応援体制でした。
コアサポは20人ほどいましたでしょうか。
全日本ユース4


一方浦和東は、ベンチ入りできなかった選手たちと思われる人たちが、
歌を歌うといういかにも部活っぽい応援です。

前半は浦和東がまずペースをつかみます。
たて続けにシュートシーンを得ていきますが、名古屋DFはちょっと
浦和東選手をフリーにする場面が目立ちます。

そんな中、9分名古屋DF吉田が右クロスをうまく中央であわせ先制しました。
しかし浦和東は18分、左25mくらいからのFKをDF小森が頭であわせ
同点とします。

このまま前半終了。
ほぼ名古屋ペースでした。10番新川を中心に分厚い攻めを見せていました。

後半始まってすぐ、浦和東が得点しました。
見てないうちに入ったので、どんな状況か分かりませんでした・・
その後も名古屋の攻めは、前半同様続きますが30分すぎぐらいからボールが
つながらなくなってきました。
疲れでしょうか。
40分ぐらいから浦和東はキープに入ります。
ロスタイムに名古屋選手がGKに突っ込み一時両チーム選手がエキサイトする
シーンもありました。

結局試合は2-1で浦和東の勝利。
名古屋は終始攻撃をしていただけに悔しいでしょう。
攻撃はいいのですが、DFが集中力を欠くシーンがあるのが残念です。
浦和東は、よく耐えた勝利といっていいでしょう。

この大会は10月10日の決勝まで続きます。
去年はよく見れなかったので、今年は注目して見ていこうと思っています。
スポンサーサイト

ルーカスの容態

おとといのブログでも書きましたが、日産スタジアムでの横浜戦で
意識不明になった東京のFWルーカス選手ですが、大事に至らなかったようです。

とりあえず良かった。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

名古屋って

名古屋のネルシーニョ監督が解任されたそうです。
理由は、成績低迷(現在9位)の責任ということです。

多分誰もが思っていることでしょうが、このチームのチーム作りの
一貫性のなさというのはどうしたものでしょうか・・。
サポーターもやりきれないのでは?

他チームから主力を獲得する。監督も相当名の通った人を連れてくる。
しかし少しでも成績が良くないと即解任。
今回も、ネルシーニョ監督の補強要請には動かずにこの措置です。

あくまで優勝を目指す方針は分かりますが、ここは腰をすえて
数年をかけて若手を育て、土台を作っていくことにしてはどうでしょうか。

個々の選手には、いい人材が多いことは認めていいでしょう。
中村直志などは代表に呼ばれても不思議ではないと思います。
福岡から獲得したDF増川や期待のルーキー本田、といった選手も
うまく育てたいところです。

思うに、フロントに危機感がないことはないでしょう。
でも常に中位をキープし続ける中で、降格という本当の危機感を
持てていないということはないのかなーなんて気にもなります。

結局、ストイコビッチのようなスーパースターを連れてくることで
解決を図るしかないのでしょうか。

阿部勇樹の獲得も噂されていますが、このままでは阿部も移籍しても
埋もれてしまうような気がします。

以上他サポからの外野の意見でした。

J2:横浜FC/J1:横浜-東京

いやあ、異様に忙しく全くサボっていました。
新聞すらまともに読んでいなかったのですが、今日から再開したいと
思います。

今日は2試合見に行きました。
観戦は2ヶ月ぶりぐらいか?さすがに禁断症状が。

14:00三ツ沢で横浜FC-徳島を観戦しました。
客は6823人。メインとバックは6~7割ほどの入りという感じでした。
秋口に入ったというのに直射日光に当たるととても暑い。
ぼくはバックスタンドやや徳島よりで観戦しました。
横浜FC-徳島1


横浜FCといえば、カズが加入しさらに新潟から山口素弘も加わって
います。徳島は昇格年で大健闘しているといえるでしょう。

試合ですが、ううむ・・・
PKで先制された横浜FCは城の個人技でゴール、そしてクロスから
カズがゴールと両エースが決めたものの、DFがあまりにお粗末。
元東京の浮氣がスイーパーをしているものの、彼だけではどうにも
ならず全てミスから3失点。
3-2で徳島の勝ちでした。
3点目を取られた後、カズが盛んに見方を鼓舞していたが・・
これでは本当にカズはオーストラリアへ行ってしまいますよ。

徳島はFWの元山形・羽地がなかなかでした。
しかし徳島サポ、得点を取ると阿波踊りのリズムで踊るのはイイ。


試合後、三ツ沢競技場から市営地下鉄・三ツ沢上町まで移動(20分ほど)
新横浜へ。

次の横浜-東京の試合は19:00からです。
時間がまだあるので、時間をつぶしたい。
そういや、スタバの近くのヤマザキデイリーストアの隣にマンガ喫茶が
あったはず。
いってみよう。
ところが、いつの間にか個室DVD店になっていました。
もちろんそのDVDはあっちの方のDVDなのです。

ぼくはそういうとこは行かないので(いやホンとですよ
仕方なく喫茶店で過ごした。

日産スタジアムは33614人。さすがに夜は涼しくなりました。
さて、前回は4-0と完敗したマリノスですがジベンジできるか。
でもチーム状態は良くないからなあ。

気になったのは入場時。いろいろ問題を起こしている東京サポが相手だけ
に警備が厳しいかと思ったのですが、すんなり入場。荷物チェックも
なし。
いいのか?って感じでした。

いつものようにゴール裏2Fで観戦となりました。
優勝はもうないだけに、少しでもいい試合を見せてほしい。

で、試合ですが・・・
はっきり言って見るべきところなし。
凡戦とはこのことを言うのでしょう。

ですが、試合以外で大変なことが起こってしまいました。
5分もあったロスタイム中、東京FWルーカスが倒れました。
はじめは「なんだよー、早く外に出して試合再開しろよー」なんて
言ってましたが、どうも様子がおかしい。
担架も入ってきたのに、運び出さない。
スタッフが集まる。選手たちもあつまる。ユニを脱いであおいだりして
いる選手もいる。
横浜-東京2


どうやら動かせないぐらいの状態のようです。
そのうち、救急車がやってきました。
ピッチ内にまで乗り入れ、ルーカスをそのまま運び出しました。
マリノスサポ側からもルーカスコールが。
ぼくの心に、以前コンフェデで倒れたカメルーン代表・ウォメの悪夢が
よぎりました。
横浜-東京3




ルーカスが運びだされてから、試合再開となりました。
まだ時間は相当残っていると思われましたが、主審は笛を吹き試合終了
となりました。
この状況では試合はできないでしょう。
試合内容は不満だらけでしたが、それどころではない雰囲気となって
しまいました。

帰途につく間も東京サポの間からはただならぬ感じで、冗談も言おうもの
ならキレられそうな様子でした。

報道を見るとどうやら、ルーカスは命に別状はなさそうです。
同僚のジャーンをぶつかっての事故だったようで、ジャーンは泣いていた
ようでしたね。

いつもなら敵意丸出しにする東京戦ですが、今回は試合どころでは
ありませんでした。

テーマ:Jリーグ - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。