2005-08

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権:男子・日本-韓国(TV)

1分け1敗で向かえた最終戦。
日本は、中国戦とほぼ同じメンバー。

どうかと思うが、これもいいでしょう。
優勝がなくなったなら、若手により多く場数を踏ませる。
ですが、最下位になると次回大会は予選を戦わねばならない
とのうわさが。
それは避けたい。

会場の大邸は空席が目立ちますね。

まあ試合内容は、チャンスもほとんどない状況で何とか耐えてる
状態でしたかね。
まあワンチャンスをものにして勝ったわけですが。
それも結局レギュラー組で。

ところで、結果は勝ちで何とか面目を保った形です。
韓国に勝ったのだし。
でもなんだかちっとも喜べないぼくがいるのです。


理由はカンタンです。

実況・解説があまりにウザいから

です。

今に始まったことではありませんが、今回はあまりにひどくなかったでしょうか?
松木氏のは解説と言えるのでしょうか?
角沢アナの実況は、日韓戦日韓戦って強調しすぎです。そしてあまりに
抑揚のないしゃべり。
川添氏のレポートらしきものも、ピッチレベルだから分かることを伝えると
いう本来の役目を全くしていません。交代要員が出てきたときに伝える程度。
そして極めつけは、次の番組の高橋克典氏のドラマの番宣に使っていたこと。
高橋氏に罪はないです。いうまでもなく局の方針なのでしょう。

ぼくはすっかり応援する気が萎えてしまいました。
こんな気持ちになったのは記憶にありません。


現場にいれば相当違ったのでしょうけどね。

スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。