2005-07

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

東アジア選手権:男子・日本-北朝鮮(TV)

いろんなブログやらなんやらではきっと非難ごうごうなんでしょうね。

そりゃそうでしょう。
ぼくはサウナの休憩室で見ていたのですが(笑)、途中から点を取れそうな
予感が全くしなくなりました。

なんか全員が重そうに、そして集中力がなさそうな感じでした。
「良かった」と思える人が誰もいないというのも珍しい。
中沢までがミスしちゃうとどうしようもない。
失点の場面以外はそれほど怖くなかったので、余計悔やまれます。

スタメンと考えると、玉田と大黒ではお互い良さを消しあってしまうのでは
ないでしょうか。まあ、今日はそれ以前の問題でしたが。
こうなるとあえて外した師匠の方が良かったのでは、という説もでてきそう
です。
巻の投入はもっと早くてよかったですね。

あと、悪くはないのですが福西とヤットより阿部を使う手はなかったか。
前への意識と攻撃のオプションという意味でです。

さて困ったのはアレックスです。
ミスしてもいいとは思ってます。彼の持ち味を出してチャレンジしてくれる
なら。変にスタイルを変える必要はないと思います。
でも、こういうプレーをされると全体に関わってくるわけですからねえ。


全てが順調に行くわけではないし、こういうこともあるでしょう。
本番が大事なわけで、ここでことさら悲観することもないと思います。

監督批判することは簡単です。

それ以外の視点であえて見ていこうと思っていますが。

あと2連勝すれば優勝できるでしょう。
ここで修正できるかどうか、それにかかってきます。

スポンサーサイト

女子フットサル続き

先日芸能人女子フットサルのことを書きましたが、
案外読んでくれた人が多かったようで、うれしいやら恥ずかしいやら(^^;

それにしても、この大会を衝撃を持って受け止めた人は多いらしく
いろんなとこでほめられてるみたいです。
まあこの記事はかっこよすぎですけど(笑)
ちなみに、今大会はフジテレビ739で放送されますよ。



でですね、前回5月に駒沢で行われた大会のDVDを手に入れて(どうやって?)見てみたわけですよ。
一言。
トリハダもの

決勝はやはりガッタスとカレッツァだったんですが、点の取り合いの末
のPK戦。
PKの順番を決めるとき北沢監督から指示を受けてるとき、緊張で座りこんで
しまう是永美記選手。
同じく緊張のあまり泣き出す辻希美選手。

鬼の形相で自チームを鼓舞するカレッツァのGK河辺瞳選手。

PKもへなちょこキックではなく、ゴール上隅に突き刺さるシュートなど
完全にガチ。
そして栄光はガッタスへ。
崩れるカレッツァ選手たち。喜びを爆発させるガッタス選手たち。
この前の大会はカレッツァが優勝してたんですね。

悪いけど、W杯予選並みの緊張感といって全く差し支えない。



彼女たち、明日は大阪で
オーサカキングというイベントで試合するようですね。
毎日放送で中継があるらしい。

また、CHOOPとFANTASISTAは明日は新しくできたサル場
オープニングで試合をして、その後大会にも出場か。
って、ぼくの家の近くだ!
やばい、見に行きそうだ(^^;

ガッタス以外のチームも新たな仕事になってるみたいだし、よかったなあ。
他のチームのファンになる人も出てきたしね。


まずい。完全にはまってきた

なに?東アジア選手権?
忘れてた
うそです

全文を表示 »

海外チーム来日中

J1中断中に海外のビッグクラブが続々来日してます。

レアルマドリード戦は2試合ともゴールデンタイムで中継しました
よね。視聴率もなかなかよかったようです。
マンチェスターユナイテッド、バイエルンミュンヘン、ボルトン、
フィオレンティーナなど遠いところご苦労さまです。

で、どうせこういうチームがいらっしゃるならプレシーズンの
カップ戦を行ったらどうでしょうか。
スポンサーつくと思いますよ。

リーグ戦がきつければトーナメントでもいいでしょう。
レアルマドリー-マンUなんて4万人は入るのでは?

Jチームとの花試合にどうしても興味のもてないぼくの
無理なお願いでした。

代表追加召集

久保の代表辞退により、千葉の巻が追加召集されました。
これはいい選択です。

今年はハースと絶妙のコンビを見せてますよね。

思えば、深井(鹿島)とのコンビで駒沢大学時代にマリノスとの
天皇杯であわやというところまでマリノスを追い詰めたことを
思い出します。

実際に代表の試合に出れるか分かりませんが、ぜひ見てみたいものです。

フットサル:すかいらーくグループカップ

今日は女子フットサルに行ってきました。
会場は代々木第一体育館。女性タレントチームの大会です。
引くなら引いてください

フジテレビのお台場冒険王という夏休みイベントのサテライトイベントとして
行われました。
参加チームは10チーム。3グループに分かれてリーグ戦を行った後に、
決勝トーナメントという仕組みです。

参加チームは以下の通りです。
■グループA
・ガッタスブリリンチャスHP:ハロープロジェクトのチーム。優勝候補筆頭。監督は北沢豪氏。
・ザナドゥーラブズNHC:ホリプロのチーム。GKに大林素子氏が入っています。
・YJシューターズ:ヤングジャンプのモデルさんたちのチーム。監督は高橋陽一氏。
・ミスマガジン:講談社ミスマガジンのチーム。監督は福永泰氏。

■グループB
・カレッツァ:サンズ(イエローキャブから分裂)のチーム。ガッタスとともに優勝候補。コーチにサル日本代表小暮氏!(明日からスペイン行きなのに)
・CHOOP:プロシードというところのチーム。監督は袴田吉彦氏。野郎どもに大人気です。
・よしもとマラティニーコ:吉本興業のチーム。監督はDonDokoDon平畠氏。

■グループC
・チームdream:dreamを中心としたエイベックスのチーム。
・ファンタジスタ:プロフェッショナルマネージメントのチーム。監督はなんとマリーニョ氏
・REALLY?madrid:フジテレビアナウンサーのチーム

まあ女性タレントの大会だし、ゆるいお遊びの大会なのかと思っていたら
これが全然違います。
あとで知ったことですが、各チームともスポーツ経験のあるタレントを起用し相当強化しているようです。
いわゆる「芸能人運動会」的なノリは皆無といっていいでしょう。
まあ、dreamとか森三中なんかのいる吉本とかのレベルはアレでしたが(笑)

会場はやはりガッタスサポが大半でした。ダンマクもたくさん出ていました。アイドルのコンサートというよりサッカーのノリでした。途中から太鼓も
登場しましたし。
「焼肉」というゲートフラッグを掲げている人もいましたが、これは藤本美貴選手の実家が焼肉屋なことを表していると思われます。
余談ですが、
藤本選手はロナウドのビデオを見て

イメトレをしてるそうです。

「途中サボってるとこは似てる(笑)」と言ってますので、よく見ていますね

あと人数は少ないのですが、ファンタジスタサポはまとまってよく声がでていました。自分たちでレプリカを作ってきたらしい。

まあいずれにしろキモいことにはかわりないのですが(笑)


チームの力的には、ガッタス・カレッツァ・CHOOP・ファンタジスタが
抜けている感じでした。
個人もそうですが、組織としてもよくまとまっています。
ホリプロのGKは大林素子選手ですが、ガッタスの吉澤ひとみ選手はその足元を抜くゴールを決めるなど格の違いを見せ付けていました。

フジテレビ・青島アナのおもしろ実況が流れる中、
カレッツァは順当に勝ち抜いていきますが、ガッタスは苦戦しました。
特に準決勝のCHOOP戦はPK戦に持ち込まれあわや、というところまで
追い込まれました。
ここでGK紺野あさみ選手の活躍とCHOOP選手も緊張したのか、PKが全く決まらずガッタスが勝ち抜けました。

当初の予想通りの決勝戦で、会場は最高潮に盛り上がります。

ここまで両チームの対戦は1勝1敗3分けで全くの五分。
決勝は、カレッツアのペースで進みますがGK紺野の攻守などで何とか
前半を0-0で切り抜けます。
後半がはじまって、ガッタスがゴール裏でボールを細かくつなげるチャンスが
訪れフリーになった吉澤が豪快にミドルを叩き込みました。
これはマジすごかった。

このまま1点を守りきったガッタスブリリンチャスHPが優勝しました。

結果だけ見ると、人気チームが優勝ということで予定通りということかも
しれません。
でも、試合を実際見れば他チームが空気読んでわざと負けたりしてないことは
明白です。
PKで負けたCHOOPにしても、バーに当たるなど不運だっただけでしょう。
とてもがっかりしていた様子が印象的でした。
他のチームもブログなど見ると、普段からよく練習しているようです。

確かにガッタス以外はマイナーなタレントたちかもしれません。
でも、ここで目立てばサッカー関係の仕事が来る可能性もあります。
そういった計算をしている選手もいるかもしれません。
でもそれもいいでしょう。
サッカー関係の番組などでも、適当なアシスタントとかよりプレーが分かってる人の方がコメントも気が利いたことを言うでしょうしね。

いずれにしろガチでやっていることには変わりないのですから。

しかし、女性タレントにこういうマーケットを作ったということは別な驚き
ではあります。

JFAとしても女子への普及のため、積極的に協力してますよね。
この大会も後援してました。

いや、それにしてもヲタでないぼくでも(ホントか?)十分楽しめました。

女性タレントのサル流行、あなどれないかもしれませんよ。

footsul.jpg

全文を表示 »

JFL上位対決

今日はJFLネタで。

JFLはこの週末に後期第4節が行われました。
注目のゲームは愛媛-栃木。
例年は、だいたいHondaがトップということが多いのですが
今年は混戦です。

J入りに一番近い愛媛ですが、成績が伴わないとそれも
かなわない可能性があります。
前回対戦では栃木に敗れているだけにここはなおさら負けられない
ところ。
どうなるかと思っていましたが、愛媛が1-0で勝利しました。
これで愛媛は2位。首位Hondaに勝ち点1差です。

一方栃木は、先日J入りを目指すことを表明しました。
もちろん難問もあって、来期とはいうことはないのですが、
敗れたとはいえ好調を維持しています。
今年いい成績を残せば、Jに向けて勢いも県内の関心も上がること
も予想されます。

今年はあまりJFLに行けてませんが、これから予定を組んで
見に行こうと思いますよ。

海外組

MF中村俊輔(レッジーナ)の移籍先がセルティックになりそう
です。

本人も、またファンもスペイン行きを望んでいるようですが
セルティックはいいと思いますよー。
だってそれだけ請われてオファーされてるわけですし、何と言っても
チャンピオンズリーグに出れるわけです。

世界最高のダービーマッチのひとつも経験できます。
なんといっても超古豪です。

スペイン行くとなると、ラシンサンタンデールということになりますが
セルティックとは格が2つも3つも落ちますよね。

プレッシャーはきついと思いますが、W杯にむけても調子を上げてほしい
ものです。


またMF小笠原(鹿島)にレッチェからオファーが来たそうです。
これに関してはどうでしょうか。難しいところです。
鹿島としても代わりがいない(野沢がいるが最近はFWだから)ので
出しにくいでしょう。

W杯で活躍して、というのがきれいですが彼は代表に残れるかどうかは
実は微妙だと思っています。残っても試合に出れるかどうか。
監督としては小野との選択になると思いますがどうでしょうか。
鹿島偏重の批判もあるジーコ監督ですが、鈴木隆行をすっぱり外すと
いうドライな面もあります。

小笠原自身が海外にどうしても行きたいなら、今なのかもしれません。

国際親善試合:日本女子-オーストラリア女子/J1:横浜-柏

今日は、なでしこジャパン-オーストラリア女子代表に行ってきました。
来週からの東アジア選手権壮行試合です。

会場は西が丘。
最寄は都営三田線・本蓮沼駅です。
ここにくるのは結構久しぶりです。

西が丘


ぼくは日本サッカー協会後援会に入っているので入場は無料です。

入場時に応援うちわを配っていました。夏にはいいグッズです。
バックスタンドに席を確保し、試合開始を待ちます。
観客は7~8割ほどの入りでしょうか。
女子の試合は、同じ女子それも高校生ぐらいの人が多いですね。
体育会系ですが、そっち系でかわいい感じの子が多かったです。
(ぼくは基本的に女子はみんなかわいいと思う)

なでしこジャパンは、レギュラーから少しメンバーを落としてるだろうか。
注目はFW永里ですね。

なでしこ1


試合開始後、日本はどうも球際に弱い。
DFも不用意なプレーもあり、案の定オーストラリアに2点を簡単に先制されてしまう。

それでも日本は徐々にゴール前でチャンスを作りはじめます。

ところで後半途中に、地震が起こりました。
震度4ぐらいだったようですが、結構な大きさでした。
試合は、中断もせず行われましたがオーストラリアの選手・スタッフは地震には慣れてない
でしょうから結構怖かったのではないでしょうか。
グラウンドの4隅にある照明塔も。しばらくグラグラゆれていました。

試合は結局は4-2と格の違いを見せ付けて逆転勝利となりました。
注目の永里もいい動きを見せ2得点でした。
(詳しい試合内容は各マスコミ記事をご覧ください)

FW荒川などはいませんでしたが、いい仕上がりではないでしょうか。
女子は東アジアのレベルは高いので、簡単な試合はないでしょう。
でもチームワークはかなりいいので、いい結果が出るよう期待します!

解説で、堀池巧氏と大竹奈美氏がいました。
堀池さん




さて、試合終了後に横浜-柏を見に三ツ沢へ向かいます。
先日売り切れだったと書きましたが、その辺は動けばなんとか確保できます。

西が丘から横浜へ向かう方法としてはいろいろあります。
まず、スタジアム前からバスで赤羽に向かいJR湘南新宿ラインで横浜駅に向かう方法。
これだと電車の乗り換えがないので楽です。
でもバスで赤羽に行くのは結構距離があったような記憶があったので、地下鉄本蓮沼駅から
向かうことにしました。

これが結果的に功を奏します。

本蓮沼駅では、「地震のため減速運転をしています」との放送が。
まあそうだろうな、安全確認はするでしょう。

15分ほどしてやってきた電車は、すし詰めです。
途中で降りる人もいるはずだし(国立のFC東京-神戸に行く人も多いようでした)
少しの辛抱です。
都営三田線は東急東横線ともつながっているのでこのまま行けば横浜には着きます。

ところが、放送ではJRと東京メトロがストップ中とのこと。
多分他の私鉄もダメっぽい。

とりあえずこの三田線で三田まで行ってから、京浜急行で向かう方法に賭けようと考えました。
三田に行っても京急に乗れるかどうかは全く分かりませんが。

三田駅に着き京急(=都営浅草線)ホームに向かうと、ラッキーなことに快特三崎口がやって
きました。
これに乗って横浜駅に18:50ぐらいに到着。
駅前からバスに乗って三ツ沢には試合開始10分後ぐらいに到着できました。

そう、今日は三ツ沢だったからこの時間に着けたわけです。
いつもの日産スタジアムだったら前半には間に合わなかった可能性が高いと思います。

mitsuzawa.jpg


今日はめずらしくSS席で観戦です。
前にテーブルになるものがあったので見やすかったです。

↓こんな席
mitsuzawa_seki.jpg


でも試合はっ!!(>_<)
ハユマを休ませ、右に永輔を起用しましたがううむ・・。
あと山瀬と大橋は連携がいまひとつだなあ。

途中から入った久保は、高さは強いがこれも連携面がいまいち。
体調もやはり良くないようで、代表も辞退ですか。
これでW杯はないかなあ。

結果は0-0の引き分け。
試合後、ゴール裏からはブーイングが起こっていました。

帰りもまだJRはダイヤがまともになっていなくて、通常の倍以上帰宅時間がかかってしまいました。

全文を表示 »

ショック

突然遠藤彰弘選手の神戸への移籍が発表されました。

確かにケガもあって、最近は試合には出ていませんでしたが直れば十分
戦力であったはず。
チーム内でも信頼されていたとよく聞いていたので、なおさらショックです。

マリノスが人材不足で不調の時も、ボランチや右サイド、時にはトップ下で
貴重な働きをしていました。

思い出すのは、98年の国立での浦和戦。
福田・小野に決められ2-0で敗戦濃厚の試合の大逆転勝ちの立役者だった。

これもマリノスと本人のためということか。
神戸でもがんばってください。

全文を表示 »

土曜日の試合

ぼくはJ1では、横浜マリノスを応援しております。
ファンクラブにも入っていてもいいのですが、
毎年なんとなく入らずじまいになってしまっています。

入っていないことで失敗したと思うことが、今日ありました。
年間パスを持っていないのでその都度チケットは買うのですが
今週の柏戦は、三ツ沢で久々に行われます。

買いに行ったら売り切れでした・・

東北リーグ

17日のことですが、実は東北リーグ・グルージャ盛岡(岩手)-プリメーロ
(福島)の試合に盛岡まで行くことになっていました。

プリメーロサポのいがらしさんから「郡山からバスを出すので一緒に
行かないか?」というお誘いを受けていたのです。
ぼくは郡山出身で、県代表のプリメーロを応援しているわけですが
今年は、強豪TDK(秋田)とJを目指しているグルージャ盛岡と
タメを張っています。
グルージャとは、ホームで敗れているだけにここは絶対勝っておきたい。

ぼくはぜひ行きたいと思っていました。

ところがこういう週に限って超多忙で、ギリギリまで粘ったのですが
結局断念しました。

で、味の素スタジアムに行ったわけです。


夕方いがらしさんに電話したら、プリメーロは敗れてしまったそうでした。


いがらしさん、行けなくてすみませんでした。

カズ移籍

神戸のFW三浦知良選手が、横浜FCに移籍だそうです。

神戸はパベル監督になってから、カズは戦力外とされたようです。
彼自身、こういうことは慣れてはいるでしょう。
横浜FCからのオファーも前向きに検討し、決断したようです。
現役へのこだわりもあるということですね。

でも・・・
カズほどの選手、横浜FCはふさわしい舞台なのでしょうか?
J1でプレーできないなら身を引くことを考えて欲しかった。

ぼくにとってカズ以上のFWは未だに現れていません。
今度も出ない気がします。

だからこそこう思うのですけど・・

J1:FC東京-横浜

話になりません。
もうアホかと

今日はこれしか書く気になりません

続・事件

東京サポの傷害事件は、いろいろ波紋を広げています。

東京サポがコンコースを行進する企画がダービー企画として
行われました
その行進メンバーの中には、家族づれもいて楽しげな雰囲気も
あったようです。
ただ、ヴェルディサイド方面まで行ったことは「煽った」ことに
なったことは明確で、FC東京もサポもそれがどういうことになるか
という想像力が決定的に欠如していたと言わざるを得ません。

それに中にはヴェルディのユニ等と破くなどの行為をする者もいた
らしく(これはこの行進中にやったかどうかは不明)、最低限の
マナーさえもないと言えます。

チームは、未だにはっきりした防止策や処分を発表してません。
また、東京の他サポの一部(だろうか?)には、東京にはサポーター
団体がないことを理由に自らの行為を正当化したりする発言が
目立ちます。
それも相当の名の通った人からです。
スタジアムが安全でないことを前提に書いてあるサイトもあります。
あまりに気分悪いので全部読みませんでした。

Jリーグには断固とした対応を望みます。


参考:柏の対応

全文を表示 »

断固たる措置を!

事情がわかるまで書かないでいたのですが、
やはり書かずにいられません。

土曜日のFC東京-東京V戦前に、両サポが対峙しFC東京側から
灰皿のふた(27cm四方)を投げ、東京Vスタッフにあたって顔
8針を縫うケガをしました。
ほかに2人がケガをしています。
すでに犯人は逮捕されており、Jリーグはこれを重視し裁定委員会を
開催することを決定しました。

問題は今回の事件が、前日までに予告されていたことです。
ソース

にも関わらず、有効な対策をとらなかったFC東京サイドはまず批判される
べきでしょう。
そしてもっと問題なのはいつも問題を起こしても全く反省のない東京サポ
たちです。
一部では、「あのネタっぽい応援がいい」的に評価されるライターとか
いますがとんでもない。
品のない煽りばかりでいつも不快です。
最近はチケットなしで堂々と入場したことを自慢する奴らや、他チーム
をどんな手段を使ってでもつぶすことばかりやっている奴らばかり目立つ
ようになってきています。
特にヴェルディに対してはそうです。

「一部の人たちの行為」といった言い訳はもう通用しません。
サポーターを名乗るならその一部の人たちの行為を止める義務があります。
しかもぼくの調べたところこの手の問題を起こすのは一部ではありません。
リーダー格も進んで行っています。
以前マリノスサポだった人間が、その迷惑行為のためマリノスから締め出し
を食らって東京サポになってたりします。

以前暴力事件を起こした柏サポは、団体解散になりました。
クラブは1000万円の制裁金を支払うことになりました。

ヴェルディサポには家族連れが多いですが、このような事件のため
サッカーから離れてしまう可能性があります。

今回はもっと重い措置になることが考えられます。
中途半端な制裁措置では済まさないで欲しいと思います。

がっかりしたのは、今日発売の「エルゴラッソ」紙にこの事件に関して
「ダービーとしての文化を作るためには仕方ない」とも取れる記事を
1面に書いていたことです。

調べればいろいろまだありますが、うんざりするのでやめます。



最後に被害者のブログがありましたのでご紹介しておきます。

浅草橋ヤング洋品店

テレビ東京の特番「浅草橋ヤング洋品店」を見ていたら、
いきなりアマラオが出てきてびっくり。

ホリエモンがいろんな事業に投資(買収)する企画だったのですが、
FCホリコシが企画書を持って融資を請いに出演していました。

ホリコシ側の融資希望額は40億円。
スタジアム建設費込みだが、結果は却下。
堀江氏はサッカーについて理解があるのかないのかわかりませんが、
これは当然でしょう。
堀江氏もザスパの例を出して、「まずは結果を出してから」との
コメント。

そういや彼は近鉄を買収して仙台に本拠地を持とうとしてたとき、
ベガルタ仙台にも出資してコラボレーションしようという計画も
持ってました。
この点に置いて、ぜひライブドアにプロ野球参入してもらいたいと
思ったものです。

それにしても、いきなりのFCホリコシのバラエティ出演に
びっくりしたという次第でした。

J1:名古屋-横浜

J1第15節。わが横浜マリノスはアウェーで名古屋との
対戦でした。
前節の鹿島戦の勝利の勢いで、今日も勝ってほしいところ。
なんでも万博等の影響で、名古屋市内のホテルがとれず試合後は
バスで直帰らしい。

ぼくはといえば、また仕事でした・・

でも例によってネットでリアルタイムでバーチャル観戦。
松田も停止から戻りましたが、今度はドゥトラが停止。この人だけは
余人をもって代えがたい存在。
ここ数年ずっとそうだけに厳しいかも。
今日は河合が入りました。

前半は0-0かあ。
他会場は、と。
お!大宮が浦和に勝ってる!いいぞー大宮ー。

後半開始まもなく、またも中沢やった!!
いい流れだと思ったのもつかの間、藤田に移籍後初ゴールを
献上かあ。
そういや名古屋はブラジル代表FWルイゾンを獲得とか。
金あるなああ。

1-1のまま試合終了間近。
中断前までなら、この時間帯に失点することもあった。
どうなる?


結局1-1のまま終了。
勝ちたかったが、アウェイで上位の名古屋相手。しかもこの厳しい
日程での結果なので、よしとしよう。

次は、ホーム千葉戦。難敵ですが、ここは勝ち点3が必要です。

しかし、水曜なんでまた行けないだろうなあ・・

マニアックな人たち

今日、あるサッカー関係の企画の打ち合わせがありライターの人に会いました(ぼくはサッカー関係の仕事をしてるわけではないです)。

集まりの性質自体サッカーのマニアックなものでしたので、初対面でしたがそんな話で盛り上がりました。
それもJFL以下のネタばかりで、ネタの応酬といった感じで、現場にいる人だけあって引き出しが豊富です。
ぼくも負けでした(って何が?)

ここに書けることと書けないことがありますが(笑)、例えば・・




ジェフオヤジは、
ジェフ千葉アマチュア戦も見に来ている

(ジェフカラーにすると見えにくくなるので青にしました)

(注)ジェフオヤジとは・・ジェフカラーの軽自動車でいろんな会場に現れる便利屋さん。途中から代表カラーに変わったが、最近では車がなくなったのかチャリで走っているのを見かける。・・・ってみなさん知ってますよね?


・なぜか鳥取サポは太ってるやつらばかり




など。


これらは、まあ雑談でして今日の集まりで出た企画から結構大きな
話になる可能性が出てきました。
書ける状況になったら書こうと思います。

よっしゃ~!!

前節大分にいい形で勝利した我が横浜マリノスですが、
本日首位鹿島戦が行われました。
しかしこういう重要な試合なのに平日開催かよー。

松田を出場停止で欠きますが、代わりに河合が入り問題なし。

仕事のためテレビも見れなかったのですが、携帯で随時経過を
チェック。
あらぁ、先制されてしまったかあ・・
岩政ということはセットプレーかなあ。
お!!大島が決めた! 再開後も好調を持続してるようだ。
ううむ。内容がわからんためイライラするばかりだ。

他会場の経過は、と・・
なに?ヴェルディやる気あるのか?ダメだよ浦和に得失点差を
つけさせちゃあ。

後半、同点の展開が続いている。まあ引き分けでもいいか・・
と思ってたら!
中沢決めたぁぁ!!

そのまま終了。鹿島に今期2敗目をつけた。
これで勝ち点22で鹿島に10点差。それに再開後連勝という
のがいい。
中断前は失点も多く、流れが悪かった。
この流れで行きたい。

帰ってきてテレビで見たら、大島・中沢のゴールはどっちも
フリーでしたね。

あとは久保が調子を戻してくれればです。

とにかくよかったー。

J1再開

長かったインターバルが明け、J1は明日から
再開しますね。

わがマリノスはアウェイの大分なので、ぼくは自重します。
報道によると4バックだそうで、どうなることやら。
現在は首位鹿島に勝ち点13差の9位。そろそろエンジンを
かけていかねばなりません。
中沢以外は十分コンディションを整える時間があったはず。

幸先のいい試合を期待します。

それと興味のあるのは、W杯予選・コンフェデと代表の活躍後
のJ1の観客数です。
特にG大阪-東京V。代表人気がうまくJにも波及してくれると
いいなあ。

明日は都合によりどの試合にもいけません。残念・・

«  | HOME |  »

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。