2005-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バーレーン現地詳細

遅くなりましたが、バーレーンについてお伝えします。


ぼくはJFAオフィシャルツアー0泊2日で行ってきました(西鉄旅行)。13万ほどかかりました。
6/3の朝7時集合なので、リムジンバスで行くことにしました。
近くの箱崎・東京シティエアターミナルから5:45発の始発で出ました。この時間なのに結構混んでます。
そうか。
スッチーの出勤利用も
あるんだ!それっぽいお姉さんも何人か乗ってるし。

成田に着くと早くもレプリカ着用の人たちがたくさんいます。
何も今からそういう格好しなくてもいいのに、なんて思ってしまいます。

9:00発。機内はイラン行きの時より空いています。直前までツアー
参加者募集してただけあります。それでも今日は1000人ほどがバーレーンへ向かってるそうです。機内ではツアー向けのジーコ監督の
メッセージなども流れました。スチュワーデスさんは例によって
レプリカ着用です。
現地は37度とのこと。やはり相当暑いようです。現地の14:30に着きました(時差6時間)。

バーレーンの空港はこじんまりとしてます。でもきれいで新しい感じ。
イミグレーションを抜けると、現地の女性が笑顔で迎えてくれました。
ぼくら一人一人に赤いカーネーションを一輪づづプレゼントしてくれ
ました。またなぜか携帯ラジオも配られました。
あとで聞くと、スタジアムで放送が聞けたらしい。知らなかった。
20050606003600s.jpg



外に出るとさすがに暑い。さわやかな気候だったテヘランと比べると
サッカーをやるコンディションは相当厳しいでしょう。
試合のある夜にはどのくらい気温が下がるでしょうか。

試合の始まるまで、ホテルで休憩することになっています。バスに乗り
込み市内のホテルに向かいます。それが、

何と警察の先導つきです。
一般車を止めてまでぼくらを優先して通してくれています。
そこまでVIP待遇にする必要もないと思うのだけど。

首都マナーマ市内はきれいです。海沿いなんてリゾート地のよう。
ですが、ほとんど人を見かけません。今日が金曜でイスラムでは
休日だからでしょうか。

20050606011121.jpg


ホテルで休憩後、スタジアムに向かいます。

バスで30分ほど沿道には草サッカーをしている子供たちが相当
いました。
ぼくらに向かって手を振る人も多いがテヘランの時のようにしつこく
ついてくる人はいなかったです。

 スタジアムが見えてきました。
20050606011452.jpg

試合開始2時間ですが
既にバーレーンサポーターでスタジアムは満員になっているのが
見えます。日本用入り口から入場しました。
20050606011736s.jpg



イランと違い、この国では女性は頭に布をかぶらなくていようです。
日本人用席も既に相当人が入っています。何か通路が少なく移動が
しにくい感じ。
このブログにもコメントをいただいていたいがらしさんを探すが
見つかりませんでした。

スタジアムの照明は仮設みたいに取ってつけたような感じです。
20050606011901s.jpg



席の前の方は金網があってとても見にくい。ジョホールバルに
行ったことのある方がいらしたらあんな感じと思っていただいていい
です。
キャパは2~3万といったところ。
 日本人側は、現地駐在の人たちも相当来ています。永島昭浩氏の姿
も見えました。

 また、日本人用ゴール裏には日本人向けの売店が特設されていて
寿司などが売られていましたよ。ここでも歓迎している様子が見えます。
20050606012411s.jpg



 スタジアムの雰囲気ですが、バーレーンサポの声援は相当でかくぼく
らの声が聞こえないほどです。ハンドマイクで指揮をとっている人が
います。中東ではよくある光景です。だが危険な雰囲気はなかった
です。
20050606012028s.jpg


もちろん日本人席とバーレーン人席は金網で厳重に隔てられています。
20050606013522s.jpg

20050606013900s.jpg

 
 試合開始。まだ相当気温が高い。ぼくらも汗だくで声援を送ります。
中田の運動量が目立ちます。イラン戦のときの「何かまずいな」感がないですね。
いけそうかな?という感じを持ちながら声援を送りました。

 気になったのは、ゲートフラッグに自分の名前を書いてきてるアホ
がいたことです。あと、横川電機の旗を振ってる人がいたのが
微妙でした。

 試合終了間際、後半43分くらいからもう諦めたのか、バーレーン
サポーターが徐々に帰りはじめました。そしてロスタイム。やはりと
いうか、バーレーンサポーターからペットボトルが日本サポーターに投げ込まれ始めてしまいました。それがぼくの近くの女性にぶつかって
ケガをしてしまったのを目の前で見ました。帰国して見た報道やネット
では「バーレーンはとても好感を持った」という論調が多かったよう
だがこういう事実もあったことも報告しておきます。
もちろんテヘランよりはそういった行為は断然少なかったですけど。

試合後、ピッチに入れました。
20050606013633s.jpg



 試合後は、少々の待ち時間の後混乱もなく空港に向かうことができ
た。ここもテヘランと違い、ぼくらを挑発したりする行為はなくむしろ
「GOOD TEAM!」と声をかけてくる人がいたほどでした。

 帰りの空港では、みやげ物を買おうかということになりますが、免税
店はテヘランと比べきれいで商品も豊富でした。中に今回だけに作った
と思われる「BAHRAIN VS JAPAN」とかかれたTシャツが売られていま
した。
後ろには日本語で「私はいました」という謎の文字も。こんなの買う
か?ぼくは買うぞ、と思っていたら飛ぶように売れる売れる。
97年のジョホールバルで売っていた「頑張ってTシャツ」を彷彿とさせます。もちろん今回売っているものの方がはるかにいいものでした。
ぼくも買いました。
20050606013957s.jpg



 とにかく王手をかけました。まだ決まったわけじゃないので気を
抜かずにいきたいですね。ドーハの時の韓国戦後のようなことに
ならないように・・
 
 

全文を表示 »

スポンサーサイト

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。