2005-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Jを目指すJFLチーム

ちょっと間が開いてしまいました。

Jを目指す動きが各地で活発になってます。
今回はもっともJに近いチームの動きを。

愛媛FCがJ2への仮申請を行いました。
昨年に続いてのことですが、県と松山市から出資を
受けたことが大きいと思います。
あとは、成績が伴うことが重要になってきますね。
ソース


同じくJFLの栃木SCもJを目指そうと検討はしてきた
ようですが、ここにきてクラブから支援があったときのことを
前提に栃木県知事が支援の表明をしたことで俄然現実味を帯びて
きました。
支援の具体的内容はわかりませんが、スタジアムの整備と
いうことになるのでしょうか。
ソース


ただ、栃木県にはスポーツ団体としても瀕死のアイスホッケーチーム」
「日光アイスバックス」があります。
また県内には足利銀行という不良債権をかかえており、県が
1サッカークラブである栃木SCを、どのような形にしろ支援する
ことが県民の理解を得られるかどうか。
ちなみに、アイスバックスと栃木SCを同一クラブにすることは
現状では、いろいろな経緯からいって無理だそうです。

栃木SCは、大方の予想を超え現在JFL首位です。
J昇格の動きがどのように展開するか不透明な部分がまだ
多いですが、選手・サポのモチベーションは高まるでしょう。

全国にこういう動きが広まっています。
夢があっていいですよね。

その他の地区については、また調べたいと思います。


スポンサーサイト

コンフェデサマリー

今日は眠いという人が多かったようですね(笑)

少しだけ見て、ダメそうだったら寝ようって
考えてたのに、いきなり
こんなプレーを見せられて寝るに
寝れなくなってしまったという人も。
このダイレクトプレー。これが見たかった。

そんなことよりも驚いたこと。

午前3:30で

視聴率11.9%!

怖いですよ、ここまで来ると。

あとは、なんか知らんが
メキシコ、選手がドーピング

で失格。日本が決勝トーナメントへ

というまことしやかなデマ。
しばらく信じてしまったよ。

それにしてもスタジアムは、判官びいきというか日本への応援が
途中から大半になってきましたね。
ブラジルサポも結構寛容だったみたいです。
まあこれもコンフェデという「お祭り」だったから?
ジーコ監督だから?
ブラジルが負けるわけないと思ってたから?



さて、冷静に考えると・・・
初戦のメキシコ戦からよく修正できた。
中盤もさることながら柳沢が、トップでよく動いていた
ことは忘れてはならないだろう。
日記がアップされてるが、冷静な見方を
しているな。

ジーコは師匠を重用してきたが、ここを変えれたのは大きい。

また現時点で福西は絶対外せない存在になってきた。
俊輔もいい時は、すばらしくいいんですよね。
もう出ないで、なんて書いてごめんなさい

課題は、早いボール回しをされるとやはりDFは振り回されてしまう。
取りに行く/行かないタイミングをもっともっと練習したい。
あとは、まだ不用意に中盤でカットされて大ピンチになることが
ある。ある程度は仕方ないが、やはり凡ミスは減らしたい。

それにしても、サポたちも課題を認識しながら喜ぶべきとこは
喜んでる人が多いみたいで実にいい感じです。

でも今はまだ1年前
今がピークではいけないですよね。

さて、ぼく自身も代表モードから一旦もとにもどることに
します。

コンフェデ:ブラジル戦(TV)

攻める気持ちがあるとできるんだなぁ。
もちろんブラジルのコンディションやらといった
ことを差し引いてもだ。

惜しむらくは、柳沢がもっとポストでキープできれば
もっとチャンスができたか。
選手交代に関しては、この大会は監督はいい交代策を
した。
まあ、これ以上望むのは厳しいだろう。

でもなんとなく方向性はできたのではなかろうか。

この大会の当初の目的どおりいい点、悪い点が
明確化された。

東アジア選手権では、サブ組を起用して底上げすることを
してほしいと思う。

でももうなると、返す返すもメキシコ戦が惜しいなあ。

以上試合終了直後の感想でした。

ワールドユース:モロッコ戦(TV)

こういう流れでは仕方なかったかもしれない。
仕方ないとは、DFの不用意さ、そして日本に有利にジャッジして
くれていた審判を活かせなかったこと。
平山もほとんど効いていなかった。

あの時間帯は安全第一で行くべきだった。
監督も指示していただろうが、あの歓声では聞こえなかったか。

モロッコは早かった。それに合わせてしまったところもあった
ような気もする。

結果論と言えばそれまでだが。

あと1試合したかった。

以上試合直後の感想でした。

アン退団

マリノスのFWアン・ジョンファンの退団が発表されました。
もともと欧州志向なのは知っていたし、移籍が決まったのなら
仕方ないと思います。

でも移籍先も決まっておらず、Jの他チームへの移籍も視野って
どういうこと?
マリノスがそんなに嫌だったのか。
雰囲気を見ているとそんな感じではなかったけどなあ。
チームメートとも仲良くやってるように見えた。

ACL敗退でモチベーションがなくなったか?

彼に対しては、いろんな思いを持つ日本人は少なくないと思います。
でもマリサポからは信頼されていた(と思う)。
彼の決定力に助けられたことは一度や二度ではないです。

マリノスのFW陣は、久保、坂田、清水、大島、山崎それに
伸び悩んでいるが北野と豊富です。
でもアン・ジョンファンの存在感は大きかった。

つまりぼくは、退団は残念だということです。

温度差

マスコミでは、「ブラジルを破ってベスト4だ」。
ネットでは、「またジーコの首がつながってしまった。ギリシャ戦はまぐれ。ブラジルにはどうせ大敗」という両極端な論調のようです。

ぼくは中間。
結果はどうあれ、希望を見出せる戦いをしてくれればいい。

ところで、コンフェデ中継でキャスターを務めている細田阿也さんですが、にわかサッカーファンではなくなかなか詳しい人です。
W杯が近づくにつれ、便乗してくるタレントが増えていく中、地道に
地位を固めてほしいものです。

実は結構女性タレントで、マニア的にサッカー好きな人もいるようで、
ぼくの知り合いのサポグループにも某グラビアアイドルがチケットが
ほしいとDMが来てたりしたらしいし。

コンフェデ:ギリシャ戦(TV)

いや~、こうも違う試合になると驚きですなああ。

もちろんギリシャが全然だったのもあるんですけどねえ。
前半のチャンス外しまくりの展開は、逆にやられるパターン
だったんですけどね。

大黒は先発で行けないか?

まあ、喜んでOK。

次は勝てないかもしれない。けどこの勝利で得たものはあった
ですよね。って今からそういう気持ちじゃだめか。

以上試合直後の感想でした。


今日6月19日のTBS「情熱大陸」は宮本が取り上げられていました。

彼に関してはプレーについて、不満の声がサポからも聞こえます。
ぼく自身も不安定さ等で疑問を感じるところがあるのですが、
そういう部分以外での彼の貢献度というのは、計り知れないところ
があるわけですね。

確かに、アジアカップでは宮本の英語力がないとPKで・・
ってことあったし。

まあ、この番組は相当美化して扱いますけどね。

というわけで、コンフェデ ギリシャ戦 少しはいいとこ
見せてね!

ワールドユース:オーストラリア戦(テレビ)

いやあ、なんとかかんとか・・って感じでしたねえ。

いままでの2試合より内容も悪かったと思います。
水野は先発で行けないものでしょうか。ケガがあると
いうことですけど・・
カレンは、守備は良くしますけど・・

でも監督はよく増嶋をよく代えましたねえ。

決勝トーナメントは、心してかからないとボコられる
可能性が大です。
気を引き締めていきましょう。

試合終了直後の感想でした。

札幌

事件が続出した札幌は、Jリーグから制裁を受け
独自に青少年
健全育成啓発活動
を実施することになりました。

それほど目新しいことをするわけではないようですが、
何かをしなくてはならない。
特に役員の買春に関しては言い訳できない事件ですから。

選手たちが気の毒ではあります。
何も悪くない選手たちが、憂き目に合ってるわけですから。

でも今年の札幌は、がんばっています。
現在6位で、まだまだJ1を狙える位置にいます。
観客も1万を超えるときもあり、道民はまだこのチームを
見捨てていないようです。日ハム移転フィーバーやJ2陥落、
主力選手の離脱、そして事件の続発などネガティブファクター
だらけでも、がんばっています。

かつては、Jでもトップクラスの動員と熱さのあったこのチーム。
ぼくは、復活を待っています。

全文を表示 »

コンフェデ:メキシコ戦

ちょっと間をあけすぎですね。
日本は、ためができなかった。

アレックスは好きなんだが、こういう出来では
出したくないなあ。
俊輔も腰の状態がよくないんだろう。次は使わないで
ほしい。
ヒデは下がりすぎだが仕方なかったのだろう。

交代は理にかなったものだと思う。
ただもっと大黒を使う攻撃をしたかった。
あと点を取られた後、もっと声を出して鼓舞ほしい。
TVではそれが伝わらなかった。宮本とヨシカツはその役目だろう。

福西は良かった。加地もめずらしく(失礼)OKだ。

この大会を、課題を見つける大会と割り切るならそれも
いい。ただそれだけで終わらせるのはもったいないです
よね。

とりあえず終了直後の感想でした。

許されるの?

UEFAチャンピオンズリーグ(CL)で優勝したリバプール。
確かに見事でしたけど、なんかそのおかげでおかしなことに
なってます。
ご存知とは思いますが、おさらいしておきましょう。

今年からCL優勝チームは、次年度CL出場権はありません。
リバプールは、プレミアリーグでは、今季5位で来季CL出場権
はありません。

ところがUEFA理事会は例外的な措置として来季のリバプール
のCL出場を認めてしまいました。
予備予選(7/12or7/13)からの出場になります。
プレミアリーグからの出場枠は変わりません。
*参考

まあ、ヨーロッパのことだから関係ないしいいじゃん。って思って
たら、リバプールは今夏日本遠征が予定されてました。
でも、このCL予備予選出場によりキャンセルですよ。
公式な言い訳はこちら

対戦予定だった清水
鹿島の立場・・

損害賠償請求しろー

ワールドユース:ベナン戦

うむむ・・
この結果をどう見るべきか。

最低限の結果ではありました。
ですが、勝てない相手ではなかったと思ったのですが・・
1-1かあ。

とりあえず、水野・家永イイよー。
平山もまあまあがんばった。でも前半のヘディングは決めなくては。

次は勝利が絶対条件。
あと1試合で終わらすのは惜しいチームだと思います。

サッカー選手のCM

サッカー選手を起用したCMはいろいろありますが、
最近ではパナソニックのカーナビがいいですよね。

宮本の試合後のインタビュー風なのが、W杯予選ではよく見慣れた
光景だっただけに実にタイムリー。
隣の大黒が「はい」と一言だけなのもグー。

かっこつけたCMもいいけど、こういう
センスのあるとぼけたのはいいすなあ。

かといってこういうのはちょっと違う気もする・・

さてさて、ワールドユース・ベナン戦だ!

福島県

福島県のサッカーと聞いて、何か印象を持つ人は
ほとんどいないと思います。
ぼくは福島県出身なのですが、今サッカーで福島関係で
全国的に有名になこととといえば、
・Jビレッジ
・マリーゼ(Lリーグ)
・茂木弘人(聖光学院→広島)
・萬代宏樹(福島東→仙台)
ぐらいでしょうか。
Jビレッジも東京電力の原発があるので、そのガス抜きの意味
で造られた施設と言っても過言ではありません。
電気なのにガス抜きって(^^;

なんせJFL・福島FCをつぶしたぐらいサッカーに
対して冷めた県です。
各地でサッカーが徐々に盛んになって行く中、トップレベル
つまりJFLまたはJリーグというのは現実味のない話で
した。

ところが、福島県協会会長が「サッカー王国チャレンジ」宣言
なるものを出してきました。
JFAと共同でサッカーエリートをJビレッジで育てる
構想があるのはご存知かと思います。
そのエリートの卵が通う県立富岡高校をトップレベルにすること
と2020年までにJチームを作るという目標とのこと。
加えて2万人規模のスタジアムも作ると言っています。

今までの経緯を知る者としては、福島FCに
冷淡だったくせに何をいまさら、という感はあります。

それでも、こういう動きが出ないよりはいい。
東北では宮城、山形に先を越され岩手にも後塵を拝しつつあり
ますが、負けずに行ってほしい。

当然懸念はたくさんあります。
福島県は広く、海のほう(浜通り)・真ん中(中通り)・山のほう
(会津)と大きく分けて3地区あり、それぞれ独自の文化圏に
あったりします。
県全体で、というのはなかなか難しい。

それに非常に小さいながら、福島県にもJを目指そうという動きを
している団体はあります。
福島夢集団ユンカースというNPOです。

また県内最強の東北リーグ1部所属・FCプリメーロの扱いは?
それに協会が主導になって、こういう動きをしてゴタゴタに
なっている例が現在富山県で起こっています。

JFLのアローズ北陸、YKKAPの2チームがありますが
富山アトラスFCという新たにJを目指すチームが設立され
ました。このチーム設立にあたり富山県協会は「聞いていない」
と不快感を隠していません。

富山の人は、市場規模からいってアローズとYKKが合併して
Jを目指すのがいいという考えの人もいるようです。
ですが、肝心のアローズ北陸(北陸電力)もYKKもJを目指す
とは明確に言わない(言えない)ようです。

福島県もこういう変な状況にならないよう気をつけてほしい
ものです。くれぐれも他のチームをつぶすようなことなく。

ちなみに大分県も「上主導」でしたが、紆余曲折ありつつも
成功した例ですよね

バルサ来日

今日は、マリノス-バルサの試合があったんですね。
以前も書いたとおりこの手の親善試合って、どうも
興味がないもんで行かなかったんです。

あと知ったのですが、テレビでやってたんですね。
マリサポとしてそれくらいは見とくべきだったなあ。

プジョルのケガは疲労がたたってるのではないで
しょうか。ぼくもとても好きな選手なので、
無理せずゆっくり休んでほしいです。
代表も彼がいないと話にならないとまで思います。

ラーション来てたんですもんね。
ぼくは去年のユーロ2004はスウェーデンを優勝候補筆頭
に挙げてたくらいでございます。
セルティックでの彼は、それほど良かった。
アブラヒモビッチとの2トップは、世界でも指折りと
いいのでは?と思いますです。

ところで、昨日のワールドユース初戦で得点を挙げた
平山ですが、今日の新聞によると「A代表入りも」
と気の早い記事も出ていました。
うーん・・ 大会が終わるまでそういう評価は
待ちましょうよ。と思った次第でございます。

ワールドユース開幕

JFA的には休むまもなくワールドユース開幕です。
日本ユース代表ですが、なにげに黄金世代ですよね。

開幕戦は、地元オランダと日本。
ぼくは、世代を問わず日本が一番苦手なのはオランダだと
思っています。
高さと強さでガチにやられたら、かなわないだろうと。

どういう布陣で来るかと思ったら、苔口をトップで使って
きたんですねえ。

しかし前半は予想通り、またはそれ以上のオランダの強さが
目立ちました。オランダは速さも加わっているので
振り回される部分も見られました。
この分では、後半は日本はバテバテになってしまうかな・・
と思っていました。
ところが、オランダは早々と2点を取ったことでスローダウン
してくれました。

これが結果的に良かった。
カレン、水野を投入してから有機的な動きができるようになった
と感じました。意外にも高さで五分以上勝っていた平山の
ヘディングシュートが決まってからは、前への意識が高まって
きました。
森本投入からは、押せ押せに近い展開でした。終了間際の
カレンのシュートは決めなければならなかった。

惜しくも日本は1-2で敗れました。
でもオランダ相手にこういう試合をできたことは手ごたえは
感じられたのではないでしょうか。

ぼくの中では、点を決めた平山もですがGK西川とMF家永、
そしてDF水本を高い評価をつけたいと思います。
個人的に水本は是非将来A代表に入ってほしい選手。

次は、ベナン。多分こちらも身体能力が高いでしょう。
でもやれるはずです!

全文を表示 »

一晩たって

昨日は、携帯からとりあえず一言書いただけになってしまいました。

昨日ぼくが試合を見たのは六本木の某店でした
(テレビとかで有名なスポーツバーではありません)。
会社からその店に向かう途中なんですが、代表レプリカを着た
人たちとたくさんすれちがいました。
少し大げさに言えば、2002年のあの時を彷彿とさせました。

帰りの電車で、国立から帰ってきたであろう軍団にも
会いました。みんないい顔してました。

普段サッカーなんか見てないくせに、とかあんなつまらない
試合で、とかネガティブな意見はたくさんあります。
今回のこの盛り上がりからサッカーファンになる人もいる
かもしれません。
それほど興味なかった人が友達に誘われて国立に埼玉に長居に
行った人もいるでしょう。

でも、バカ騒ぎもこんなときはいいのではないかと思います。
それで、そういう人たちが新たなサッカーファンになって
行くんです。

今度はJリーグも見に行ってね。Jがない地区に住んでる人は
JFLがあるかもしれません。
JもJFLもなくても地域リーグチームは必ずあります。
そのチームはJを目指してるかもしれません。

これも日本協会のキャッチフレーズ「DREAM」ですよね。

さて、ワールドユースが始まります。コンフェデも始まります。
祭りはほどほどにしていきましょうかね。

↓オフィシャルスポンサー・ファミリーマート本社
050609fm.jpg

全文を表示 »

やった!

柳沢、大黒、ほかのみんな!グッジョブ!

決めてくれ!

今までいろんな批判も浴びてきました。
内容もはっきりいってほめられたものではないでしょう。
ぼく自身、思うところはあります。

でも日本代表を応援することに関していささかの逡巡も
ありません。

師匠が記者会見で嘲笑されてことを、怒って記者会見を拒否する
監督の姿勢、支持します。

勝って決めようぜ!!

東北リーグなど

昨日のW杯予選の話から一転、東北リーグの話です。

5/7の記事でも
ご紹介したJ入りをねらっているグルージャ盛岡が、5日に
同じ盛岡市の盛岡ゼブラと対戦しました。

会場は盛岡市南公園競技場。観客は2000人ぐらいも集まった
らしくかなり盛り上がったようです。
盛岡ゼブラはここまで1分け3敗の最下位ですが、
チームとしての歴史は盛岡ゼブラの方が歴史があるわけで、
意地もあったのでしょう。
結果は0-0の引き分けに終わりました。
グルージャとしては、この取りこぼしは痛い。
辛うじて首位は守ったものの、2位のTDKとは勝ち点1差です。

<6/5現在の東北リーグ1部 順位>
1位:グルージャ盛岡(岩手) 勝ち点8
2位:TDK(秋田) 勝ち点7
3位:プリメーロ(福島) 勝ち点7
4位:新日鉄釜石(岩手) 勝ち点6
5位:NECトーキン(宮城) 勝ち点6
6位:ヴィーゼ塩釜(宮城) 勝ち点5
7位:盛岡ゼブラ(岩手) 勝ち点2

ぼくは福島出身なので、プリメーロを応援しています。
優勝して地域リーグ決勝大会の晴れ舞台にまた進出してほしい。

ところで、盛り上がりまくっている九州リーグですが、首位ロッソ熊本ヴォルカ鹿児島に勝ち、再び首位に浮上。
前節まで首位のFC琉球は、ニューウェーブ北九州にPK勝ちで2位に後退(九州リーグがPKまでやります。勝ち点2)。
FC琉球は、フットサル日本代表でもあるリカルド比嘉が
ベトナムから帰国後すぐ試合に出て、アシストを記録したらしい。

九州のレベルがどれだけ上がってるか。または上がってないのか。
いつか今年中に見に行きたい!

バーレーン現地詳細

遅くなりましたが、バーレーンについてお伝えします。


ぼくはJFAオフィシャルツアー0泊2日で行ってきました(西鉄旅行)。13万ほどかかりました。
6/3の朝7時集合なので、リムジンバスで行くことにしました。
近くの箱崎・東京シティエアターミナルから5:45発の始発で出ました。この時間なのに結構混んでます。
そうか。
スッチーの出勤利用も
あるんだ!それっぽいお姉さんも何人か乗ってるし。

成田に着くと早くもレプリカ着用の人たちがたくさんいます。
何も今からそういう格好しなくてもいいのに、なんて思ってしまいます。

9:00発。機内はイラン行きの時より空いています。直前までツアー
参加者募集してただけあります。それでも今日は1000人ほどがバーレーンへ向かってるそうです。機内ではツアー向けのジーコ監督の
メッセージなども流れました。スチュワーデスさんは例によって
レプリカ着用です。
現地は37度とのこと。やはり相当暑いようです。現地の14:30に着きました(時差6時間)。

バーレーンの空港はこじんまりとしてます。でもきれいで新しい感じ。
イミグレーションを抜けると、現地の女性が笑顔で迎えてくれました。
ぼくら一人一人に赤いカーネーションを一輪づづプレゼントしてくれ
ました。またなぜか携帯ラジオも配られました。
あとで聞くと、スタジアムで放送が聞けたらしい。知らなかった。
20050606003600s.jpg



外に出るとさすがに暑い。さわやかな気候だったテヘランと比べると
サッカーをやるコンディションは相当厳しいでしょう。
試合のある夜にはどのくらい気温が下がるでしょうか。

試合の始まるまで、ホテルで休憩することになっています。バスに乗り
込み市内のホテルに向かいます。それが、

何と警察の先導つきです。
一般車を止めてまでぼくらを優先して通してくれています。
そこまでVIP待遇にする必要もないと思うのだけど。

首都マナーマ市内はきれいです。海沿いなんてリゾート地のよう。
ですが、ほとんど人を見かけません。今日が金曜でイスラムでは
休日だからでしょうか。

20050606011121.jpg


ホテルで休憩後、スタジアムに向かいます。

バスで30分ほど沿道には草サッカーをしている子供たちが相当
いました。
ぼくらに向かって手を振る人も多いがテヘランの時のようにしつこく
ついてくる人はいなかったです。

 スタジアムが見えてきました。
20050606011452.jpg

試合開始2時間ですが
既にバーレーンサポーターでスタジアムは満員になっているのが
見えます。日本用入り口から入場しました。
20050606011736s.jpg



イランと違い、この国では女性は頭に布をかぶらなくていようです。
日本人用席も既に相当人が入っています。何か通路が少なく移動が
しにくい感じ。
このブログにもコメントをいただいていたいがらしさんを探すが
見つかりませんでした。

スタジアムの照明は仮設みたいに取ってつけたような感じです。
20050606011901s.jpg



席の前の方は金網があってとても見にくい。ジョホールバルに
行ったことのある方がいらしたらあんな感じと思っていただいていい
です。
キャパは2~3万といったところ。
 日本人側は、現地駐在の人たちも相当来ています。永島昭浩氏の姿
も見えました。

 また、日本人用ゴール裏には日本人向けの売店が特設されていて
寿司などが売られていましたよ。ここでも歓迎している様子が見えます。
20050606012411s.jpg



 スタジアムの雰囲気ですが、バーレーンサポの声援は相当でかくぼく
らの声が聞こえないほどです。ハンドマイクで指揮をとっている人が
います。中東ではよくある光景です。だが危険な雰囲気はなかった
です。
20050606012028s.jpg


もちろん日本人席とバーレーン人席は金網で厳重に隔てられています。
20050606013522s.jpg

20050606013900s.jpg

 
 試合開始。まだ相当気温が高い。ぼくらも汗だくで声援を送ります。
中田の運動量が目立ちます。イラン戦のときの「何かまずいな」感がないですね。
いけそうかな?という感じを持ちながら声援を送りました。

 気になったのは、ゲートフラッグに自分の名前を書いてきてるアホ
がいたことです。あと、横川電機の旗を振ってる人がいたのが
微妙でした。

 試合終了間際、後半43分くらいからもう諦めたのか、バーレーン
サポーターが徐々に帰りはじめました。そしてロスタイム。やはりと
いうか、バーレーンサポーターからペットボトルが日本サポーターに投げ込まれ始めてしまいました。それがぼくの近くの女性にぶつかって
ケガをしてしまったのを目の前で見ました。帰国して見た報道やネット
では「バーレーンはとても好感を持った」という論調が多かったよう
だがこういう事実もあったことも報告しておきます。
もちろんテヘランよりはそういった行為は断然少なかったですけど。

試合後、ピッチに入れました。
20050606013633s.jpg



 試合後は、少々の待ち時間の後混乱もなく空港に向かうことができ
た。ここもテヘランと違い、ぼくらを挑発したりする行為はなくむしろ
「GOOD TEAM!」と声をかけてくる人がいたほどでした。

 帰りの空港では、みやげ物を買おうかということになりますが、免税
店はテヘランと比べきれいで商品も豊富でした。中に今回だけに作った
と思われる「BAHRAIN VS JAPAN」とかかれたTシャツが売られていま
した。
後ろには日本語で「私はいました」という謎の文字も。こんなの買う
か?ぼくは買うぞ、と思っていたら飛ぶように売れる売れる。
97年のジョホールバルで売っていた「頑張ってTシャツ」を彷彿とさせます。もちろん今回売っているものの方がはるかにいいものでした。
ぼくも買いました。
20050606013957s.jpg



 とにかく王手をかけました。まだ決まったわけじゃないので気を
抜かずにいきたいですね。ドーハの時の韓国戦後のようなことに
ならないように・・
 
 

全文を表示 »

帰国

バーレーンより帰国しました。
テヘランと違い暑かったですよ。

詳しくは後ほど書きます。

成田から会社に直行・・
仕事がある旨留守電が。。

成田空港

20050603082403
もうすぐ搭乗です。なんか似たようなのが多くて正直ウザい。気合いは現地までとっとけといいたい。
とにかく行って来ます。

バーレーンへ

というわけで、バーレーンに行ってきます。
ツアーはあまり好きじゃないですが、時間の関係上
弾丸(ってこの文句は使ってはいけないらしいが)で
0泊2日です。

成田に朝7時集合ということで、箱崎からリムジンバスで向かいます。

今回は連れなしです。
でも現地に行けば何人か友人がいる予定。

先日書き込んでくれたいがらしさんもいるし。


がんがって応援してきます!

悲観しすぎとあえて言います

小野が骨折してしまいました。
先日のキリンカップ・UAE戦で唯一といっていいくらい
いい動きをしていたため非常に痛い。
確かに痛いことは痛い。

でも考えて見ましょうよ。
日本は明日、勝たなくていいわけです。
バーレーンは勝たねばならないわけです。

スペースを埋めることに努めればいい。
その意味でボランチは福西とヤット(または中田浩二)
にすべきと思うがどうでしょうか。

ユーべ来日

マリノスとユベントスが親善試合をしました。
マリサポとしては、見に行くべきなのでしょうが
ぼく、この手の花試合みたいなのって、どうも興味を持てない
んですよね。

こういうイベント自体やることに意味はないとはいいません。
けどね。

でもJのオールスターは嫌いじゃないんですよ。
なんだかぼくもよく分かりませんな(^^;

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。