2017-04

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SPHERE LEAGUE 2ndステージ【駒沢体育館】

今日は、駒沢体育館に「第2回SPHERE LEAGUE(スフィアリーグ)」を見に行きました。

この大会は言わずと知れた(知られてないか)、女子芸能人フットサル大会です。
以前のこのブログでも書きましたが、これはお遊びでは全くないガチの大会です。盛り上がりを見せてきている女子芸能人フットサルですがこのたび年間を通してのシリーズというトーナメントの大会形式として整備されました。


この日も、フジテレビ739で>生放送ですよ!

前回12月に行われた第1回大会は、カレッツァが優勝しました。
この大会の中心的存在であるガッタスは準決勝で敗退。今大会に雪辱を期します。

さて第2回の今日はどこが勝つか?

面倒なことは抜きにして、印象に残ったことを。
驚いたのが、dreamが異様に強くなっていたことです。
以前は、参加チームの中でもダメダメだったのですが、めきめき力をつけてきました。
特に今日始めてみた背番号20・宇津木めぐみがすばらしい!
ロングレンジ・ミドルレンジから放つシュートは、確実に枠を捉えます。
これは相手にとって脅威。観客からもどよめきが起こっていました。

このdreamは準決勝でカレッツァまでやぶってしまい、とうとう初の決勝進出となりました。

カレッツァは、ぼくがファンである小島くるみタソの奮闘むなしく連覇はなりませんでした・・

さて、ガッタスはどうかというと1回戦は、どこかぐはぐで是永のゴールで先制するものの同点に追いつかれてしまいます。PK戦での決着となりました。
不安のあるゴレイロ・辻希美が2つ止めて何とか勝ち進みました。
同僚のあの人の事件こともあって気持ちに不安定だったかもしれませんが、ここはきちんと守りました。

準決勝になると調子に乗ってきたのか、是永を中心に攻めまくり2-0で勝利。

さて会場の様子ですが、相変わらずガッタスサポがほとんどではあります。
しかし、他チームサポも徐々に固まってきたようで太鼓を使っての応援も結構まとまってきています。
もちろんそこには、独特のキモさという要素が主なのですけどね。


決勝は、ガッタス-dreamとなりました。
dreamはガッタス攻撃陣を押さえ込むことには成功しましたが、その分攻撃に力をうまく裂けなかったような感じではありました。
決着はスコアレスドローでPK戦に持ち込まれました。
サドンデスに持ち込まれ、5-4でガッタスが優勝!
なんとか第2回で優勝を勝ち取りました。

しかしdreamは今度侮れません。
宇津木効果というか、他の選手も触発されてうまくなってます。
更にそれを推し進めれば、相当脅威になりそうです。


今大会は全体的に、エキサイティングな試合が多く面白かったです。
ガッタス・カレッツァが2強ではありますがそこにdreamは完全に食いこんで着た感じです。他チームも、ミスマガジンのゴレイロのめがねっ子アイドル時東ぁみのゴールセービングぶりがなかなかだったり見所が数多くありました。
いや、以外とこの人うまいんですよこれが。

次回大会は4月6日に愛知県体育館で行われます。




・2006年 観戦4試合目(今回は大会を1試合と換算)
・観戦満足度 ★★★★
 (満点は5)
スポンサーサイト

テーマ:フットサル - ジャンル:スポーツ

第2回すかいらーくグループカップ(駒沢体育館)

今日は、第2回すかいらーくグループカップという大会を見てきました。
そうです。
また芸能人女子フットサルです。

夏のお台場冒険王カップから2ヶ月ぶりの大会になります。
今回はトーナメントの大会になります。

会場の駒沢体育館には、いい年した野郎どもがたくさん集まっており
いつものようにキモさをかもし出しています。
でも、意外と女性客もいましたが選手たちの友達とかかもしれません。
何せ、ガッタス以外ははっきりいってマイナーなタレントたちですしね。

本当はもっと詳細に書きたいのですが、あまり長すぎると読みにくいと思いますのではしょります。

参加チームはいつもの以下のチームになります。
・Gatas Brilhantes H.P(ガッタス)
 -いわずと知れた、モー娘。と中心としたハロプロのチームです。
・YJシューターズ(YJ)
 ヤングジャンプで選ばれた人たちです。
・XANADU loves NHC(ザナドゥ)
 ホリプロのチームです。
・carezza(カレッツァ)
 野田義治社長率いるサンズのチームです。
・ミスマガジン(ミスマガ)
 ミスマガジンの人たちで作ってるチームです。
・チャクチャク J.b(チャクチャク)
 SHOOPから改名したチームです。前回のお台場の優勝チームです。
・FANTASISTA
 十代の人たちばかりのチームです。
・TEAM dream(ドリーム)
 エイベックスのdreamを中心としたチームです。

いままではガッタスばかりが人気がありましたが(もちろん今もそうなのですが)他チームサポも最近は増えてきました。
実力も大分拮抗してきています。

今回は、そのほかリザーブチームとして3チーム参加しておりリーグ戦をして
上位2チームが次回大会に参加できることになりました、
逆に前述の8チームで下位2チームはリザーブチームに降格することになります。

トーナメントの組み合わせは、くじ引きで自分の好きなトーナメント表の位置にセットできるというなかなか凝った企画になっていました。
司会はフジテレビ青島アナ。
抽選の結果トーナメントは以下のようになりました。

ガッタス
ファンタ

カレッツァ
チャクチャク

ミスマガ
YJ

ザナドゥ
ドリーム

上のブロックに強豪なそろってしまいましたね。
第一試合は、今回も優勝候補のガッタスですが実は結構苦手にしている
FANTASISTAが相手。
さてどうなるか。
ここでガッタスがもし敗れるようなことがあると大変です。

しかし試合が始まるとキャプテン吉澤ひとみが前半に2点を挙げ、後半には
石川梨華が蹴ったコーナーがFANTASISTAのDFにあたってゴールし結局
3-0でガッタスが完勝しました。

第2試合は、カレッツァ-チャクチャク。
これも優勝候補同士です。1回戦で対戦させるのは惜しい試合です。
ぼくは個人的にカレッツァの小島くるみさんのファンだったりします。
ルックスのかわいらしさもそうですが、スポーツ万能・英語ペラペラ(帰国子女)とほぼ完璧なのにそれが嫌味ないキャラが

しかし試合は、チャクチャクが夏のチャンピオンの貫禄を見せて2-0で勝利
しました。
最近カレッツァは成績良くない感じです。

第3試合は、YJ-ミスマガと出版社対決。
ミスマガの溝口麻衣選手の活躍で2-1とミスマガが勝利しました。
ミスマガは、GK時東あみ選手が人気あるようです。彼女は普段メガネキャラなんですね。あとは夏目理緒選手が人気かな。
YJはキャプテン松原渓がダントツです。
サポはミスマガが圧倒してましたけど。

第4試合は、ドリーム-ザナドゥ。
ザナドゥは今まで全然勝てませんでしたが、夏の大会でベスト4まで進み
大躍進しました。
ドリームはどうでしょうか。
高本彩選手はなかなかテクがありますが、やはり実力に優るザナドゥが1-0で勝ちました。

さて、準決勝第1試合はガッタス-チャクチャク。
事実上の決勝戦です。会場の客もそれを分かっていて最高潮になってきました。ガッタスも夏敗れているだけにベストメンバーで望んできました。
前半はお互いに攻めあいますが、0-0でした。
少しでもミスするとゴールの予感が漂うすごい緊張感がある試合になってきました。
後半も一進一退の攻防です。
ガッタスがCKのチャンスを得ました。
あさみがCKをマイナスに蹴ったところに里田まいが強烈なロングシュートをきめました!これはマジすごかった。
チャクチャクも必死で攻めますが、ゴールポストに当たる不運なシュートもあり結局ガッタスが1-0で勝ちました。

準決勝第2試合は、ザナドゥ-ミスマガ。
ミスマガはまだフットサルを始めて半年ほど。鍛えているザナドゥが有利かと
思われましたが、溝口麻衣が個人でかわして抜け出しゴール。
この人相当うまいです。
このまま1-0でミスマガが勝利。なんと下馬評にあがらなかったミスマガが決勝に進出しました!


さてここでインターバルですが、重大なインフォメーションがありました。
なんとこの女子フットサル。

レギュラーリーグ化が決定しました!!

名称はソフィアリーグ。
全国で大会を行いその結果をポイント化して、年間王者を決めるという仕組みになるそうです。大型ビジョンでは日本協会川淵キャプテンもコメントを寄せていました。
第1回は12月15日。
なんか大変なことになってきました。
そのうち公式サイトも出来るようです。
テンションあがってきました。
やはりここ1年ほどのこの盛り上がりをほっとく手はない、ということでこういう流れになったんでしょう。
楽しみです。


さて、ここで1回戦で敗れたチーム同士で、リザーブチーム決定戦が行われます。ここで敗れるとリザーブチームへ降格になってしまいます。
第1試合はカレッツァ-FANTASISTA。
カレッツァが長谷川桃、小島くるみの両エースがゴールを決め2-0で勝利しました。FANTASISTAはいいチームですが、次回大会は残念ながらこのトーナメントに参加できないことになりました。

第2試合はYJ-ドリーム。
これは両者譲らず0-0で終了。PK戦となりました。
3人でのPKになりますが、2人外したYJが敗れました。最後はエース松原渓が止められるというドラマチックな展開でした。
YJは同じくリザーブチーム降格になります。
ドリームは以前よりは強化された感じですね。

さてさて決勝。
ガッタス-ミスマガの対戦です。
実力的にはガッタスが上でしょう。ミスマガがどれだけできるかが焦点です。
試合前、ガッタス監督の北沢豪氏とミスマガ監督福永泰氏が握手をしてなにやら談笑していました。
会場はいつものように完全なガッタスのホームと化しています。
試合は、なんと柴田あゆみが前半にゴールを決め1-0で前半を終えます。
ミスマガも溝口麻衣らが個人で抜け出すも、決定的チャンスにはならない。

しかしガッタスが楽勝かと思われていましたこの試合ですが、ミスマガもよく耐えています。
後半も主導権はガッタスが握っていますが、まだ差は1点。
ミスマガも必死で食い下がりますが、結局1-0でガッタスの勝利。
ガッタスは2大会ぶりの優勝となりました。

ミスマガGK時東あみ選手は泣いています。
でもミスマガはよくやりました。組み合わせに恵まれたとはいえ、初めて決勝まで進んだことは自信になるでしょう。

表彰式で、優勝したガッタスの吉澤ひとみ主将の「優勝したけどなんか悔しい」というコメントがありました。試合内容が不満だったのでしょう。
この辺にも、貪欲さが出てきた感じです。

12月からの新リーグも始まることですし、ますます盛り上がる女子フットサルに期待したいと思います。
問題は客のヲタ度を相対的に減らさないと一般化しないだろうなということでは、と個人的には思いますけど。

komazawa051020




ところで、この女子フットサル人気は別な展開も見せてきました。
年末年始にこの大会に出た選手たちで「ピヴォ・ガール」というフットサルをテーマにしたミュージカル(?)が行われます。
どんな公演なのか不明な点もありますけど、各チームごとに公演をするんですね。



テーマ:フットサル - ジャンル:スポーツ

フットサル:お台場冒険王カップ・決勝トーナメント

すいません。

また行ってしまいました。
女子芸能人フットサル大会・お台場冒険王カップ。
チケットが知り合いから極秘ルート(?)で入手したため
ぼくも行くことになったというわけです。
写真等詳細は後ほど

今日は4チームによる決勝トーナメントがありました。
この大会は8月の数日かけて予選リーグが行われ、勝ち抜いた
4チームがこの最終日の決勝トーナメントに進出しました。

チームは
・CHOOP
・カレッツァ
・ガッタス
・XANADU

XANADUとはホリプロのチームです。
先日の大会では、全然勝負にならなかったのですが大分強化してきた
ようです。

場所はお台場の特設会場。とても狭い。
でもそれだけ選手たちが間近です。
さすがタレントさんだけあってみんなかわいいです。
吉澤ひとみさんもニコニコしてます。

試合前、スポンサーのすかいらーくグループのお偉いさんがあいさつ
しましたが、この人このサル大会に練習まで見に来ているほどはまって
いるそうです(*^_^*)

準決勝第一試合は、CHOOP-XANADU。
実力ではCHOOPが上回るのでしょうが、XANADUもなかなか粘ります。
XANADUは一度、G前でのFKの絶好チャンスを得ますが惜しくも決められず
0-0で終了。
PK戦となります。
ここでCHOOPの底力がでました。
スーパーゴレイロ・三宅梢子が3本止めてCHOOPの勝利でした。
XANADUの選手は数人泣いていました。

準決勝第二試合は、ガッタス-カレッツァ。
幾度も名勝負してきた2チームです。
ガッタスは今日は選手が少ない。ゴレイロ辻がいないため、今日はエースの
是永がゴレイロに入りました。
ガッタスは辻のユニを飾っていました。

試合は両チームとも攻めあい。
そんな中、西澤ばりにエリをたてて登場していた藤本美貴がボールを奪い
そのままゴール。これはすばらしかった。
その後、カレッツァもエース小島くるみを中心に攻めますがガッタス里田まい
にことごとく止められました。
小島もいつものキレがない。どうやらかぜをひいていたらしいです。

結局1-0でガッタスの勝ち。

あとは3位決定戦と決勝となります。

それにしても、客でうるせーのが数人いて実にうざい。
選手と会話しようとするのとか、つまんねーヤジを飛ばすやつとか。
これらの存在だけで、相当興ざめです。

3位決定戦はXANADU-カレッツァ。これはカレッツァの楽勝かと
思いきや、モチベーションの高いXANADUが攻勢に出ます。
そしてXANADUが先制!
その後、小島くるみを中心に攻めるもXANADUのゴレイロの大活躍で
1-0でXANADUが勝ちました。
カレッツァは、ここも小島の不調が痛かった。よくも悪くもこのチームは
彼女しだいなんですね。

そして決勝。ガッタス-CHOOP。
ぼくの印象では、ガッタスはCHOOPを苦手にしている感じがあります。
サポはいつもどおり圧倒的にガッタスサポが多いのですが、他チームサポも
最近は増えてきているようです。

膠着状態が続きますが、前半の終わりごろにCHOOPがFKからこぼれ球を
押し込み先制します!
ガッタスは、吉澤を中心に攻めますが連携が今ひとつ。
エースのあさみも、どうもいまひとつです。

後半に入っても同じ感じ。
そのうちCHOOPなんと追加点を上げてしまいます。
だんだんとエキサイトしてきました。吉澤は審判への異議でイエローカード
をもらうほど。

試合はそのまま2-0でCHOOPの勝利!
SHOOPは初タイトル獲得です!

みんなすごくうれしそうです。

表彰式では、JFAの平田専務も登場しプレゼンターをしていました。
賞品はすかいらーくグループお食事券でした。

今回の大会は、参加チームも増えレベルもまた上がっています。
ただコンディションの維持の問題か、いつもならもっとできる人が
今ひとつのできだったりということも見受けられました。

願わくば、みんなベストコンディションの状態で見たいものです。

あとうざい客を何とかしたい。
ほら、コンサートとかでアーティストのMC時に会話しようとするヤツいます
でしょ?
ああいうやつらがいるわけですよ。
こういうのを排除しないと、一般に広まらないと思います。

次は10月に駒沢で大会があるらしいです。

全文を表示 »

テーマ:フットサル - ジャンル:スポーツ

女子フットサル続き

先日芸能人女子フットサルのことを書きましたが、
案外読んでくれた人が多かったようで、うれしいやら恥ずかしいやら(^^;

それにしても、この大会を衝撃を持って受け止めた人は多いらしく
いろんなとこでほめられてるみたいです。
まあこの記事はかっこよすぎですけど(笑)
ちなみに、今大会はフジテレビ739で放送されますよ。



でですね、前回5月に駒沢で行われた大会のDVDを手に入れて(どうやって?)見てみたわけですよ。
一言。
トリハダもの

決勝はやはりガッタスとカレッツァだったんですが、点の取り合いの末
のPK戦。
PKの順番を決めるとき北沢監督から指示を受けてるとき、緊張で座りこんで
しまう是永美記選手。
同じく緊張のあまり泣き出す辻希美選手。

鬼の形相で自チームを鼓舞するカレッツァのGK河辺瞳選手。

PKもへなちょこキックではなく、ゴール上隅に突き刺さるシュートなど
完全にガチ。
そして栄光はガッタスへ。
崩れるカレッツァ選手たち。喜びを爆発させるガッタス選手たち。
この前の大会はカレッツァが優勝してたんですね。

悪いけど、W杯予選並みの緊張感といって全く差し支えない。



彼女たち、明日は大阪で
オーサカキングというイベントで試合するようですね。
毎日放送で中継があるらしい。

また、CHOOPとFANTASISTAは明日は新しくできたサル場
オープニングで試合をして、その後大会にも出場か。
って、ぼくの家の近くだ!
やばい、見に行きそうだ(^^;

ガッタス以外のチームも新たな仕事になってるみたいだし、よかったなあ。
他のチームのファンになる人も出てきたしね。


まずい。完全にはまってきた

なに?東アジア選手権?
忘れてた
うそです

全文を表示 »

フットサル:すかいらーくグループカップ

今日は女子フットサルに行ってきました。
会場は代々木第一体育館。女性タレントチームの大会です。
引くなら引いてください

フジテレビのお台場冒険王という夏休みイベントのサテライトイベントとして
行われました。
参加チームは10チーム。3グループに分かれてリーグ戦を行った後に、
決勝トーナメントという仕組みです。

参加チームは以下の通りです。
■グループA
・ガッタスブリリンチャスHP:ハロープロジェクトのチーム。優勝候補筆頭。監督は北沢豪氏。
・ザナドゥーラブズNHC:ホリプロのチーム。GKに大林素子氏が入っています。
・YJシューターズ:ヤングジャンプのモデルさんたちのチーム。監督は高橋陽一氏。
・ミスマガジン:講談社ミスマガジンのチーム。監督は福永泰氏。

■グループB
・カレッツァ:サンズ(イエローキャブから分裂)のチーム。ガッタスとともに優勝候補。コーチにサル日本代表小暮氏!(明日からスペイン行きなのに)
・CHOOP:プロシードというところのチーム。監督は袴田吉彦氏。野郎どもに大人気です。
・よしもとマラティニーコ:吉本興業のチーム。監督はDonDokoDon平畠氏。

■グループC
・チームdream:dreamを中心としたエイベックスのチーム。
・ファンタジスタ:プロフェッショナルマネージメントのチーム。監督はなんとマリーニョ氏
・REALLY?madrid:フジテレビアナウンサーのチーム

まあ女性タレントの大会だし、ゆるいお遊びの大会なのかと思っていたら
これが全然違います。
あとで知ったことですが、各チームともスポーツ経験のあるタレントを起用し相当強化しているようです。
いわゆる「芸能人運動会」的なノリは皆無といっていいでしょう。
まあ、dreamとか森三中なんかのいる吉本とかのレベルはアレでしたが(笑)

会場はやはりガッタスサポが大半でした。ダンマクもたくさん出ていました。アイドルのコンサートというよりサッカーのノリでした。途中から太鼓も
登場しましたし。
「焼肉」というゲートフラッグを掲げている人もいましたが、これは藤本美貴選手の実家が焼肉屋なことを表していると思われます。
余談ですが、
藤本選手はロナウドのビデオを見て

イメトレをしてるそうです。

「途中サボってるとこは似てる(笑)」と言ってますので、よく見ていますね

あと人数は少ないのですが、ファンタジスタサポはまとまってよく声がでていました。自分たちでレプリカを作ってきたらしい。

まあいずれにしろキモいことにはかわりないのですが(笑)


チームの力的には、ガッタス・カレッツァ・CHOOP・ファンタジスタが
抜けている感じでした。
個人もそうですが、組織としてもよくまとまっています。
ホリプロのGKは大林素子選手ですが、ガッタスの吉澤ひとみ選手はその足元を抜くゴールを決めるなど格の違いを見せ付けていました。

フジテレビ・青島アナのおもしろ実況が流れる中、
カレッツァは順当に勝ち抜いていきますが、ガッタスは苦戦しました。
特に準決勝のCHOOP戦はPK戦に持ち込まれあわや、というところまで
追い込まれました。
ここでGK紺野あさみ選手の活躍とCHOOP選手も緊張したのか、PKが全く決まらずガッタスが勝ち抜けました。

当初の予想通りの決勝戦で、会場は最高潮に盛り上がります。

ここまで両チームの対戦は1勝1敗3分けで全くの五分。
決勝は、カレッツアのペースで進みますがGK紺野の攻守などで何とか
前半を0-0で切り抜けます。
後半がはじまって、ガッタスがゴール裏でボールを細かくつなげるチャンスが
訪れフリーになった吉澤が豪快にミドルを叩き込みました。
これはマジすごかった。

このまま1点を守りきったガッタスブリリンチャスHPが優勝しました。

結果だけ見ると、人気チームが優勝ということで予定通りということかも
しれません。
でも、試合を実際見れば他チームが空気読んでわざと負けたりしてないことは
明白です。
PKで負けたCHOOPにしても、バーに当たるなど不運だっただけでしょう。
とてもがっかりしていた様子が印象的でした。
他のチームもブログなど見ると、普段からよく練習しているようです。

確かにガッタス以外はマイナーなタレントたちかもしれません。
でも、ここで目立てばサッカー関係の仕事が来る可能性もあります。
そういった計算をしている選手もいるかもしれません。
でもそれもいいでしょう。
サッカー関係の番組などでも、適当なアシスタントとかよりプレーが分かってる人の方がコメントも気が利いたことを言うでしょうしね。

いずれにしろガチでやっていることには変わりないのですから。

しかし、女性タレントにこういうマーケットを作ったということは別な驚き
ではあります。

JFAとしても女子への普及のため、積極的に協力してますよね。
この大会も後援してました。

いや、それにしてもヲタでないぼくでも(ホントか?)十分楽しめました。

女性タレントのサル流行、あなどれないかもしれませんよ。

footsul.jpg

全文を表示 »

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。