2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欧州チャンピオンズリーグ・ベスト8

チャンピオンズリーグのベスト8がほぼ出揃いました。

で、準々決勝の組み合わせももう決まっています。

・リヨン-ACミラン
・ベンフィカ-バルセロナ
・アーセナル-ユベントス
・インテル-アヤックスの勝者-ビジャレアル

ここ数年、実はぼくはチャンピオンズリーグにあまり魅力を感じていません。
過密日程で、本来の実力が反映されない大会という認識にすっかりなってしまっています。

去年のリバプールでそれが更にぼくの中で増幅されてしまいました。
ダークホースが勝つ面白さはもちろんあるんですが、それはたまにあるからいいんだと思うんですよね。
いや、ベンフィカの強さに文句はないですよ。

シェフチェンコ、レブロフ、ショフコフスキーのいたロバノフスキー監督の
ディナモキエフ
のようなチームは新鮮で面白かったですけどね。
(古い?)

というわけで、今年はバルサ-ユーべの決勝を望みます。

世界クラブ選手権(トヨタカップ)の日本開催は今年が最後かもしれないので
どっちかは見たいもん。
あ、クラブワールドカップっていうんでしたっけ。

スポンサーサイト

テーマ:UEFA CHAMPIONS LEAGUE - ジャンル:スポーツ

FWとは - 海外

日本人が海外へ移籍することはすっかり普通になった。

選手たちの意識はどうだろう。
やってみたいという気持ちを持つ選手は多いだろう。
だが、実際問題になるとどうか。

今の日本代表で監督に絶大な信頼を得ている(ような気がする)中田でさえ
まともにプレーできていない。
昨シーズンは、レギュラーに近い存在だった高原もすっかり影が薄くなった。
稲本ももがいている。
この二人については、代表への不要論を語る人も多い。

無理やりの移籍と思われた中田浩二などは、報道さえほとんどないぐらいだ。

チームでは一時不可欠な存在であった小野は、ケガ等もあったがとうとう浦和に復帰を決断してしまった。

そんな中、活躍しているのは中村俊輔とそして平山相太だ。

俊輔はともかく、平山がこれだけやることを予測した人がどれだけいるだろうか。

思えば、高校時代の圧倒的存在感を引っさげて代表・ワールドユースと選ばれてきたものの、ファンからは評価は下がる一方。
それも結果が出ないことが原因だろう。
それに立ってるだけ感もあったりして。

ぼくとしては、批判がすぎるとも思っていたがこれも彼がFWが故なのだろう。
同情すべき点はある。
なぜか筑波大に入学してしまった彼は、関東大学リーグ・五輪代表・ユース代表とフル回転せざるを得ず、コンディションを整える暇もままならなかったのではないか。

そんな彼が突然オランダリーグへ移籍すると聞いたときは、誰もが意外と思っただろう。
そして、そんなところに行ったところで試合にもほとんど出れずに半年もすれば帰国するはずとも考えられていたのではないか。
それは、彼が初ゴールを上げたというニュースが伝わったとしても、まだ「まぐれ感」が先行していた。

それが、先日のゴールで6ゴール目だ。
どうやらチームにもフィットしているようだ。
この原因は、平山にポストプレーをそれほど求めないチームの方針にあるのではなかろうか。
そんなにきちんと見ているわけではないが、彼が長身ゆえ日本で求められていたポストだが、オランダ内では特に長身ではない。
ストライカーとしてプレーできる環境になったのではないか。

思えば高校時代はそうだった。

もちろんチームがヘラクレスという下位クラブで、リーグ自体もオランダリーグという決して強豪ではないリーグであることは考慮に入れる必要はあろう。
実際そのことを、ことさら強調して平山を決して認めない人もいる。

だが、FWは点をとってなんぼだし例えレベルの高くないところでも結果を残すことで注目を浴びる効果は絶対にある。

スポーツ紙は、ジーコへアピール的なことを書いているところも多いが、ぼくとしてはあえてそんなことは考えず今シーズンをきちんと結果をだしてチームを1部残留に導くことだけに集中してほしい。

ジーコも多分選ばないだろう。
呼ぶ機会もないだろうし。


ところで、平山って上戸彩タソのファンでしたよね。
世界クラブ選手権で、サッカーに関しても勉強した彼女ですが平山がファンなことは覚えてるのかしら?

テーマ:サッカー海外組 - ジャンル:スポーツ

W杯最終プレーオフ

ドイツW杯のプレーオフが始まりました。

結果は以下の通りでしたね。

スペイン 5-1 スロバキア
スイス 2-0 トルコ
ノルウェー 0-1 チェコ
ウルグアイ 1-0 オーストラリア
トリニダード・トバゴ 1-1 バーレーン

スペインは決まりですな。
トルコは厳しいですね。ホームとはいえ最近いいところがないような気がしますがまだ可能性はありますけど。
チェコも大分有利ですね。チェコは本大会に出るべきです。
ウルグアイとオーストラリアは全く分かりません。フランス大会のプレーオフでイランと戦ったあの試合を思い出します。
オーストラリアホームの試合はあの巨大なスタジアムでやるのかな?

さて、バーレーンです。アウェーで引き分けたのは大きいですね。
行っちゃうのかな?で、ホームは日本とやったあのスタジアムでしょうか。
ぼくは、行ったのですがなんだか砂漠の中に忽然と出現する変なスタジアム
でした。
テレ朝で中継するらしいので見ようっと。






テーマ:FIFAワールドカップ - ジャンル:スポーツ

カズ、シドニーFCへ

横浜FCからシドニーFCにレンタルされた三浦知良選手が
現地に到着し、記者会見が行われました。

カズは英語はしゃべれないのかな?
ともかく本番、世界クラブ選手権に出れるようチーム内で
まずはがんばってください。

でないと、マリノスが出ると思ってこんなにチケットを買ってしまった
ぼくが浮かばれません。

世界クラブ選手権チケット

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

デビュー戦

MF中村俊輔選手が移籍先の、セルティックで初出場しましたね。

出場できるか微妙だった感じですが、先発出場しました。
高額の移籍金を、国際的にはまだ無名の選手に支払ったことに
相当の批判があったようです。

ところが、彼はその批判・懐疑的意見を実力で黙らせたようです。
スコットランドでは、こういったファンタジーのある選手は珍しい
ようで、彼としてはいつものようなプレーも観客には相当インパクトを
持って見られたようです。
トップ下という概念もあまりないようです。
惜しいFKなど魅了するに十分だったようですよね。

ニュース映像を見ただけですが、後半に交代するときにスタンディング
オベーションで迎えられるとは相当なものでしょう。

ちょっと評価が高すぎな気もしますが、まずはこれでレギュラー確保
でしょう。
それもレンジャース戦で同じプレーをしなければたちまちこき下ろされる
こととなるはず。

本人はまだ本調子でないと言っているのが、頼もしいです。

現地の新聞

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

海外チーム来日中

J1中断中に海外のビッグクラブが続々来日してます。

レアルマドリード戦は2試合ともゴールデンタイムで中継しました
よね。視聴率もなかなかよかったようです。
マンチェスターユナイテッド、バイエルンミュンヘン、ボルトン、
フィオレンティーナなど遠いところご苦労さまです。

で、どうせこういうチームがいらっしゃるならプレシーズンの
カップ戦を行ったらどうでしょうか。
スポンサーつくと思いますよ。

リーグ戦がきつければトーナメントでもいいでしょう。
レアルマドリー-マンUなんて4万人は入るのでは?

Jチームとの花試合にどうしても興味のもてないぼくの
無理なお願いでした。

海外組

MF中村俊輔(レッジーナ)の移籍先がセルティックになりそう
です。

本人も、またファンもスペイン行きを望んでいるようですが
セルティックはいいと思いますよー。
だってそれだけ請われてオファーされてるわけですし、何と言っても
チャンピオンズリーグに出れるわけです。

世界最高のダービーマッチのひとつも経験できます。
なんといっても超古豪です。

スペイン行くとなると、ラシンサンタンデールということになりますが
セルティックとは格が2つも3つも落ちますよね。

プレッシャーはきついと思いますが、W杯にむけても調子を上げてほしい
ものです。


またMF小笠原(鹿島)にレッチェからオファーが来たそうです。
これに関してはどうでしょうか。難しいところです。
鹿島としても代わりがいない(野沢がいるが最近はFWだから)ので
出しにくいでしょう。

W杯で活躍して、というのがきれいですが彼は代表に残れるかどうかは
実は微妙だと思っています。残っても試合に出れるかどうか。
監督としては小野との選択になると思いますがどうでしょうか。
鹿島偏重の批判もあるジーコ監督ですが、鈴木隆行をすっぱり外すと
いうドライな面もあります。

小笠原自身が海外にどうしても行きたいなら、今なのかもしれません。

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。