2017-06

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

国際親善試合:日本-トリニダード・トバゴ(国立)

今日は国立競技場に、新生日本代表初試合となるトリニダード・トバゴ戦に
いってきました。

台風の懸念が強く、雨だったら行くのやめよーかなーとさえ思っていたのですがどうやら午後から雨がやみました。

千葉・G大阪・鹿島、そして海外組が召集不可となったこの試合は不思議な
メンバーが召集されしかも練習期間が3日だけということで、位置づけのしにくい試合ですね。
でも
小林大悟はこれから主力を張ると思われるんで、この人だけでも見ておきたいです。


さて、ぼくはといえば仕事が押して前半終了間際の入場となってしまいました。
入場時に代表仕様の扇子そ配っていましたが、これはナイスです。
しかしもうひとつ。

セゾンカードの広告が入ったメモ帳が配られていました。

意味不明でした。


さて席はバックスタンド近くの自由席で、友人が場所を取っておいてくれて助かりました。
ここからメインスタンドを見ると所々空席が見えます。
そして相当蒸し暑い。
スコアは、友人によるとアレックスが2点を挙げているそう。

ううむ。
左サイドは家長
になるはずなのだが・・

試合は、なんだか退屈な展開。
時々チャンスっぽいのもあるが全体的に「別に」感が漂っていました。


で、
今日の本番はここからです。

代々木門から出ようと思っていると外がなんだか騒がしい。
耳をすますと「×××× ドドンドドンドン」といったリズムが。
さらに近づくと
「川淵やめろ!ドドンドドンドン」

って言ってました。

ぼくは不覚にも知らなかったのですが、今日は試合後に明治公園から日本協会川淵キャプテンの退任要求デモが行われることになっていたのですね。

ちゃんと四谷警察にも許可をとって車道を行進していました。

その数約1000人ほどと思われます。


どうやら主張としては、
W杯敗退の責任
オシムとの交渉のフライング失言などJリーグ軽視

についての不満があるということらしい。

でもそれは過激なものではなく、あくまでもファンの正当な意見ということのように聞こえました。
その証拠に、最後はニッポンコールで締めていましたから。

これを主催したのは、サポティスタではなく違う人たちで、あまりこの業界で知れていない人たちのようです。
(あとで調べてみよう)


ぼく自身の川淵さんと協会に対する考えは、明日書こうと思いますが、今日は
こんなことがありましたとさ。
カメラ忘れちゃったからなあ。写真撮っておけばよかった・・


でも、どうせ

大手マスコミはこの出来事を無視するんだろうな・・



スポンサーサイト

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

国際親善試合:日本-エクアドル(テレビ)

今日は、大分で日本-エクアドル戦が行われました。

国内組だけでのW杯前最後の試合・・ということですが
正直見所を探るのが難しい試合。

ぼくも見れたのが後半からでした。

今日の中継はTBS。
実況は清水大輔アナ
この人は民放では、まともな実況をする人だと思っています。

今日もそのような印象でした。
というよりもいつものテレ朝がひどいから余計そう思うのかも。
ピッチレポートは、引退した相馬直樹が勤めていました。
この人は頭良いから、指導者向きでは?と思う。

いつか監督をやって欲しいものです。


さて、試合ですが・・
プレッシャーの少ないエクアドル相手に攻めあぐねる日本。
久保も玉田もどうもいまいちです。
久保はちょっと不調期に入ったかなー。
いや、この選手こういうときあるんですよ。4~5試合ぐらい何もしない
時があってそれを超えるとまた爆発するという。
先日の浦和戦もそうだったもんなあ。

でも代わって入った佐藤寿人は結果を出しましたね。
巻と佐藤寿人って必死さが伝わるから好きだ

この1点を守って1-0で勝つには勝ちました。
さてどう評価すべきか。

向こうが攻めてこないとアレックスはできるんだなー。
あと、さんざん非難を浴びてきた加地はすっかり良くなった気がします。
でも相手がああだと、ちょっと本番を想定した評価はできませんな。
勝ったからよし、とするしかない。

久々に代表の試合に出た玉田は・・うーん。
そう悪くはないんだが、結果が欲しかっただろうなあ。
チャンスはあったんだし。

ジーコはどう思ったのだろう。
本番は・・
柳沢は無理として、FWで当確と思われるのは(好むと好まざるとに関わらず)現時点では久保と高原なんだろう。
枠はあと2人か。
柳沢がダメと考えて、候補は大黒・玉田・佐藤寿人・巻。鈴木隆行が頭数に入っているかどうか。

小野も微妙になっている。運動量は多かったけどね。


まとめると
この相手のコンディションでは何も言えません。

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

アジアカップ予選:日本-インド(TV)

今回から、ディフェンディングチャンピオンも予選を戦わなければならなくかったアジアカップ。 初戦はインドとの試合になります。 この時期にアジアカップ予選って、間が抜けてる感じですがしょうがない。 でぼくはというと、会場は日産スタジアムだったのにも関わらず行けませんでした。 テレビでも録画したものを少し見た程度だったのです。 でもどうやら前半は、1点をとったもののできはよくなかったようですね。 ブーイングも起こったとか。 結局6-0で勝ったようですが、つまり完全な格下相手にもっと圧倒的な内容で勝てよ、ということが不満なのでしょう。 分かりますね、その気持ち。 何度そういう試合を見せられたことか。 しかしですよ、少し違う視点で考えてみると以外と気が落ち着きます(笑) ・日本代表の現在の目標は、W杯。インドのように引いてくる相手と今いい試合する意味はない。 ・代表合宿も最後になり、疲れがたまっていた。 ・欧州組がいない つまりあの試合は評価するような試合ではない、ということです。 どうでしょう。 少しは怒りがおさま・・ ううむ

テーマ:サッカー日本代表 - ジャンル:スポーツ

国際親善試合:日本-フィンランド(テレビ)

アメリカ戦の惨敗からどう立て直すのか。

国内に戻っての試合は、今日エコパでのフィンランド戦です。
マスコミは五輪モードで注目度の低い試合ですが、そんな中どんな試合になりますか。
ぼくは、寒いのでテレビ観戦です(^^;

試合前の国歌斉唱は、川平慈英というサプライズ(?)で盛り上げましたが
エコパのスタンドには空席が目立ちます。
やはり代表人気は落ちているのでしょうか。

さて日本は、アメリカ戦と違い久保・巻の2トップできました。
あと少し驚いたのはジーコ監督の寵愛を受けるアレックスに代えて村井を
起用してきたことです。これは単なる気まぐれなのかそれともアレックスに危機感を与えるためなのか。
多分前者なんだろうな。

しかし前半は、まったくといっていいほど見所はありませんでした。
チャンスらしいチャンスもないし、何せシュート自体ないもの。

ハーフタイムでチャンネルを変えようかとさえ思ってしまいました。

しかし!

ハーフタイムのアディダスのCMに目が釘付け!
デルピエロと俊輔が、それぞれイタリアとスコットランドで素人を自分でスカウトして代表チームを作っていくというもの。
俊輔は「グラスゴーに日本人少ないんだよね」といいながら留学生などを探していきます。
一方デルピエロは、下町の路地裏などで草サッカーをしている人などをスカウトしていきます。
はじめは単純に喜んでいた人たちも、だんだん本気モードに。
『日本人はゲームばっかりやってるからサッカーは下手だろ』と毒づく人たち。一方代表に選ばれた現地日本人も『つぶしにいく』とマジ。
かくして、両代表がいよいよ試合開始!というところでCMが終わりました。
数分のロングCM。十分に見ごたえありますた!


さて後半。
日本は、ようやく中盤を支配できるようになってきました(相手が甘くなっただけかもしれませんが)。
これだけ中盤が自由になってボールが回ると、さすがにチャンスが生まれます。そして右からのクロスで久保が足であわせ先制。
フラストレーションがたまっていたであろう観客もそして選手もようやく溜飲を下げたといったところでしょう。
その後も、日本が主導権を握り続けました。
小笠原のロングループが決まるというおまけもあって、2-0の完勝で終えました。

さて内容ですが、相手が2戦級でヒーピア(リバプール)などが不在だったため単純な評価はできません。
でもあれだけひどかったアメリカ戦から、結果を出したということで自信も取り戻したでしょう。
不安視された久保も結果を出してよかった。
途中出場の佐藤寿人も駒野とともに、いい動きだったと思います。
DF陣はほとんど仕事がなかったですね。

次はアジアカップ予選、インド戦ですがこれは負けることはないのでサブ組といわれる選手にチャンスと与えるか。
公式戦だしそれはないのかな。

取り合えずは、ほっとしましたよ。

全文を表示 »

テーマ:★日本代表★ - ジャンル:スポーツ

国際親善試合:アメリカ-日本(テレビ)

マスコミの空気は五輪一色ですが、サッカーでは代表が合宿で強化を図っています。

日本時間の午後1時から、サンフランシスコにてアメリカ戦が
行われました。

宮崎での合宿での通り、久保を1トップに置き小笠原と小野をトップ下に置く布陣。
海外勢がいない今、あくまでオプション的なシステムなのでしょうが復帰の久保がどんな動きを見せられるか。

会場は野球場なため不自然なスタンド風景になってます。
観客は相当入っていますね。

しかし試合は・・・
こういう内容というのははっきり言ってショックです。
DFが全くつけない。中澤でさ不用意なプレーが目立ちアメリカにやりたい放題に近いやられ方です。
こうなっては仕方ないですが、全体的に下がりすぎ1トップの久保にも全くボールが回らない状況。
集中力も欠いたようにさえ見えてきます。

2点を取られて前半終了です。

さすがにジーコも後半には最初から動きました。
久保とヤットに変えて佐藤寿人と巻を入れ2トップにしました。
それでもすぐにCKから簡単にヘッドで追加点を入れられ3-0となりました。これも中澤のマークミスです。

その後、アメリカも流しにかかったのか日本にもチャンスが出てきまして
巻が気合のヘッドで代表初得点を挙げました。
いやあ、ぼくこの選手は好きだなあ。

その後、阿部・長谷部・本山を投入してまあまあの展開を見せるもののロスタイムに中澤がCKに足であわせた1点にとどまりました。

結果は3-2。これだけ見れば惜しかったように感じますが内容は全く良くありませんでした。

もちろんアメリカは親善試合をこなし、コンディションは上げている状況。
日本も海外組がいない中でのゲームです。
それを差し置いても、こういう試合はあまりすべきではないと思うのですが・・。



会場は、アウェイというよりこのイベントを楽しんでいる観客たちで雰囲気がつくられているという感じに見えました。
まあ、アメリカの華麗なプレーで満足という感じだったでしょうか。
いわゆる「アウェイ感」はなかったようです。
対する日本の応援はどうだったでしょう。
一応ウルトラのダンマクもありましたが、テレビに映る日本サポは手製のボードを掲げたりフェイスペイントをしてカメラに向かって手を振ったりというゆるい雰囲気でした。
予想ですが、現地在住の人たちが普段めったに見ることのできない日本代表を見るイベントとしての捕らえ方だったのではないでしょうか。
でなければ、こんな試合を見せられて喜んでいるはずありません。




注目の久保は、これでは評価できないです。
孤立してしまってまともなプレーはできていませんでした。
サブ組はいずれもまあまあのプレーだったかと思われます。

それにしてもメンバー固定の悪い面がでてないでしょうか。

悪い面がこの時期に露呈できたということであれば、いいわけです。
せめてそう願いたいです。

テーマ:★日本代表★ - ジャンル:スポーツ

W杯チケット再抽選結果

やっぱり外れました・・・

テーマ:2006ワールドカップ - ジャンル:スポーツ

W杯チケット 抽選結果

案の定全滅でした

しかしメールでお知らせしてくれるとは親切でした。

テーマ:FIFA World Cup - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。