2017-09

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

予定キャンセル

今日は、JFL・横河電機-SC鳥取(味の素)を見にいく予定だったのが
寝坊して行けませんでした。

残念。

で、テレビで横浜-大分・湘南-仙台などを見てすごしました。
あ、WBC決勝もね

マリノスはなかなか良かったですね。これで4連勝。
さて週末は浦和戦です。

この試合だけは負けるわけにいかない。

DF陣たのむよお。
スポンサーサイト

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ACL:東京V-蔚山現代【国立】

今日から、2006年アジアチャンピオンズリーグ(ACL)の予選リーグが始まりました。

ぼくは、国立のグループF・東京V-蔚山現代(韓国)を見に行きました。
東京VはJ2ですが、去年の天皇杯優勝チームということでの今大会出場と
なります。
優勝すればアジア代表として、年末のトヨタカップに出場できる路線ができたこともあってさぞやモチベーションも・・とはいえ東京VにとってはそれよりJ1復帰の方が優先順位が高いはず。
そんなチームがどんな試合をするか、また強豪の蔚山現代が今年はどんなチームに仕上げてきているかも興味の対象でした。

ぼくは仕事の都合で前半20分ぐらいに、国立に入りました。
当日券2000円。ううむ・・

土曜日のJ2開幕戦と同様国立のホーム側ゴール裏は工事中のため、東京Vはアウェー側となっています。
平日夜、しかも世間的には注目度のほとんどない試合でどれだけ観客がいるかと思っていたら・・まあこんなものでしょうか。
公式発表は4436人でした。

acl2



東京Vは声を出して応援するサポが400人ほどいたでしょうか。
とても熱心に応援しています。
一方、蔚山現代もきっと在日の人たちでしょうか100人ほど(に見えた)が
応援していました。
「大阪魂」という弾幕がありました。

一方東京V側にはこんな弾幕が!

acl1



わかります?「ヴェルディのためなら死ねる」と書いてありますw

さて試合ですが、両者ともなかなか攻め手がない感じです。
力関係から言えばむしろ東京Vか健闘といえるのでしょうか。
しかもリーグ戦とはメンバーを落としてきています。
一方、蔚山現代は韓国代表イ・チョンスをはじめ格上なのですが・・

前半は0-0で終了しました。

スタンドを見ると、日本人で東京Vサポ以外は普通のサッカー好きっぽい感じの人と思われますが、ニュートラルな立場ながら東京Vを応援している感じです。
やはり韓国には、というより外国チームには負けたくないということなのでしょうか。


後半に入ると、徐々に蔚山が地力を発揮してきます。
56分のDFのミスからゴールを奪うとそのままゴール。また70分にもカウンターから追加点を上げました。
東京VはMF広山などがチャンスを作りかけるものの、決定力、というよりシュートまでなかなかもっていけない。サイドからも中央からも最終ラインを破れません。
結局2-0で終了。

ホームでの2点差負けは致命的でしょう。

まあもとより、東京Vにとってここを勝つことはそれほどの目標でないのでいいのかも。

サポも敗れたものの、暖かい拍手を送っていました。
あ、一箇所でサポ同士が少しばかりもめてましたけどね。

スタジアム内でACLグッズとか売ってないかと思って聞いてみたらないそうです。
ザンネン。

帰りに千駄ヶ谷駅構内の「あじさい」で天ぷらそばを食べて帰りました。

acl3


なんだ。ガンバも負けたのか!




・2006年 観戦7試合目
・観戦満足度 ★★ ☞東京Vにもう少し見せ場を作って欲しかった
 (満点は5)

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

小倉引退

元日本代表の小倉隆史選手が引退を表明したそうです。

まだ32歳ですが、甲府を解雇されトライアウトにも参加していたようですがスカウトされるには至らなかったようですね。
一時、森山泰行のいる岐阜FCへ加入の噂もあったのですが、引退して指導者の道を歩むということです。

思えば、彼には皆が期待していました。
四日市中央工業から名古屋に入団し、名古屋が強かったころはエースでした。アトランタ五輪予選では城との2トップは当時としては最強といってもよかったと思います。

オランダ留学で結果を出し、カズのパートナーとして俄然存在感を増してきていました。
ですが、五輪予選の練習中にケガをしてからはずっとそのケガに悩まされ続けました。

素材はピカイチであったものの、結局その後はヴェルディやジェフでプレーし最後は甲府という寂しい晩年になってしまいました。

時代が今なら欧州に完全移籍して活躍していたかもしれません。

思えば彼が、その存在を不動のものにすべく望んだアトランタ五輪。
そのメンバーでまだプレーしているのは、中田・川口・田中誠・鈴木秀人・松田・城などわずかになっています。
エースだった前園も先日引退しました。

期待度の高かった選手だけに、なんだか寂しいです。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

ジャンルカ氏死去

サッカーライターのジャンルカ・トト・富樫こと富樫洋一氏が急死したそうだ。

心不全とかだろうか。
アフリカネーションズカップ取材中のエジプトでだった。

後藤健生さんとともに愛すべきサッカーバカオヤジだった。

何度かしゃべったこともあったのだが・・・

そいうやドイツも好きだったんだよなあ。W杯も楽しみにしてたことだろう。

やたら熱かったり批判ばかりの「サッカーライター」ばはびこる中、彼のような存在は貴重だった。

ご冥福をお祈りいたします。

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

今年の目標

いまさらなのですが、年頭にあたり目標的なものを定めておきたいと
思います。

去年はちょっと中途半端だったので、今年は少し具体的にしておこうかなと。
とはいえあまり無理なこと言ってもしょうがない。

ということで・・
年間観戦40試合

これを目標にしようと思います。

そのため、ブログにも試合数を記載し観戦の満足度も記載していくつもりです。

考えてみれば1年間は52週。土日に試合があるとして104。まあシーズンオフもありますが、40という数字は決して不可能ではないと思います。
もしかして目標としては低いかも?!

今年はW杯イヤーですが、ブログの紹介にも書いてある通り下部カテゴリーを
軽視することなく、見ていこうと思いますっ

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

世界クラブ選手権・3位決定戦/決勝(横浜国際)

寒波におおわれたこの日、トヨタカップの3位決定戦と決勝を見に横浜国際競技場に行ってきました。
正直この寒さで、住んでいる東京東部から横浜まで出かけるのは二の足を踏みかけていました。

ですが、準決勝・5位決定戦とチケットを持っていながら仕事で行けなかっただけにこの日は行かねばチケット代が無駄になってしまいます。
意を決して、重装備の上横浜へ向かいました。

ここまでこの大会の客の入りに関してはまあまあではないかと思っています。
さる筋から聞いた話では、大会前にはチケットの余りようは相当だったらしくFIFAとJFAの肝いりで始めた大会がとても恥ずかしいものになってしまうのかと危惧していました。

今日は決勝で、普通なら観客の入りは大丈夫なのでしょうがこの寒さでは盛り上がるでしょうか。
そんなことを考えながらJR横浜駅に着きました。横浜線に乗り換えようとホームへの階段を上っていると、横浜線のホームはすごい人の数です。
時間は16:00。3位決定戦がもうすぐ始まる時間です。

サンパウロ、リバプール両ユニを着たサポがいます。もちろん外人です。
電車の中は満員です。英語・ポルトガル語が飛び交う車内は間違いなく
W杯のそれでした。
2002年を思い出しました。
そうだ!この大会は世界大会なんだ!

新横浜駅に着くと、ホームは人の多さで軽くパニックになっています。
人並みをかきわけ外にでました。

駅前には、外人向けの案内ボランティアがあちこちに立っています。
この光景、正にW杯です。横浜はW杯の経験が生きているのですね。

スタジアムへの道沿いには、偽ユニ屋がいつもにも増して多い気がします。
沿道にはサンパウロサポがやたら目立ちます。彼らは各所で雄たけびを上げています。リバプールサポはというとバーでビールを飲みながら3位決定戦を見ています。この光景、イギリスで見たなあ。
世界大会の実感が高まってきましたよ。

考えてみると、去年までのトヨタカップってこのような試合前の盛り上がりみたいなのってあったでしょうか?
思うに、数試合やった後の決勝ということで、1試合のみの大会よりも「タメ」があったのが良かったのではないでしょうか。そんな気がします。


スタジアム前に行くと、サンパウロサポ一色です。
ダンマクを広げたり旗を振ったりして大いに盛り上がっています。

・・・続きは明日

テーマ:トヨタカップ ジャパン 2005 - ジャンル:スポーツ

世界クラブ選手権・アルイテハド-アルアハリ(国立)

今日は、世界クラブ選手権・トヨタカップの開幕戦を見に国立競技場に行ってきました。
(写真はあとから載せます)

昨日と違い、東京地方は相当寒くなっています。
今日の対戦はサウジアラビアとエジプトのチームということで、日本人的な関心もないでしょう。
日テレの必死の宣伝で、ある程度の知名度はあるのか。
今日の観客はどれくらいでしょうか。

青山門から入場したのですが、入り口の表示とかがさすがFIFA公認大会ということでまるでW杯のようです。
観客はまあまあ入っている感じです。
発表はありませんでしたが3万弱といったとこでしょうか。

千駄ヶ谷門のところには、発売されたばかりのXBOX360のブースが設けられていました。
FIFA06ってゲームが体験できました。なかなかリアルです。
オフィシャルグッズ売り場には、マフラーやキーホルダーなどいろんなものが売っていましたが、よかったのは大会プログラムです。
トートバッグつきで2800円。
プログラムの中身も相当濃いものになってます。
この手のプログラムって往々にして広告ばかりで中身がないものが多いですが、各地域の現状とかが詳しく書いてあって勉強になりますよ。

19:00から開会式。
明かりが消され、参加各チームが紹介されました。
日本協会の川淵キャプテンとFIFAブラッター会長が登場し、この大会開催にあたっての挨拶がありました。

ぼくも案外盛り上がってきちゃいました。
本当にこの大会がうまく行くかは、試合が面白いかどうかにかかります。
それだけにこの第1戦がどうかにかかりますね。
テレビで見てる人も面白いと感じれば、観戦につながる可能性もあります。

ぼくもあえてそういう視点で見てみることにします。

両チームとも旗を振って応援するサポがいます。
日本在住の人でしょうか。

試合は両チームとも個人のテクニックはなかなかですね。
しかし両チームとも中東圏なため似たような展開になってます。

試合の途中から何と雪がちらつき始めました。
相当冷えています。

後半になるとアルイテハドが攻勢にでます。
それでもなかなか点が入りませんでしたが、終了近くになってからようやく
点が入りました。
するとサポからは「もう1点」とのコールが。
たしかにそう言ってました。

試合はそのままタイムアップ。アルイテハドが準決勝・サンパウロ戦へ進出しました。

さて観客の満足度はどれくらいでしたでしょうか。
割と盛り上がる場面はありましたが、もう少し得点が入って欲しかった気がします。

そうそう、上戸彩タソは来てたのかな?


さて明日は、豊田でオセアニア・シドニーFC-北中米カリブ海・サプリサです。
見所のひとつであるカズがどんなプレーを見せるかな?

テーマ:サッカー - ジャンル:スポーツ

«  | HOME |  »

プロフィール

さる山

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

RSSフィード

ブログ内検索

リンク

このブログをリンクに追加する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。